高校生国際協力実体験プログラム

本プログラムは、高校生を対象に開発途上国のおかれている現状や日本の国際協力について理解を深めてもらうねらいで実施されています。 開発教育の3つのステージである「知る」「考える」「行動する」を高校生に体験してもらい、参加者が次のような目標に到達できるようなプログラムを提供しています。

開発途上国の現状や国際協力の必要性を知る。
国際協力に関する理解を深める。
国際協力へのかかわり方について参加者ひとりひとりが主体的に考え、自分にできることを見出し、どう行動につなげるかを考える。

プログラムの流れ

【画像】

日時 2016年12月10日(土)10時00分〜16時00分【今年度は終了しました】
会場 JICA筑波国際センター(茨城県つくば市高野台3-6)
対象 茨城県・栃木県の高校生
※原則として1校につき引率(教員が望ましい)1名、生徒2〜5名程度(応相談)
※個人で応募を希望する方はご相談ください
人数 50名程度 ※応募多数の場合は各校の参加人数を調整させていただくこともあります
締切 2016年11月21日(月)必着
費用 自己負担:昼食代1,000円、会場までの交通費
内容 以下から申込書をダウンロードし必要事項を記入の上、下記問合せ先までFAX、または郵送でお送りください。応募の前には必ず募集要項を一読ください。
募集要項&申込書(PDF/428KB)申込書(Word/37KB)
申込/問合せ

JICA筑波 開発教育支援事業運営事務局
担当:佐藤・井上
〒102-0082 東京都千代田区一番町23-3 日本生命一番町ビル5階
(公社)青年海外協力協会内 TEL:03-6261-0246 FAX:03-6261-0249
Email:jica-kaihatsukyouiku@joca.or.jp

※今年度より業務の一部を(公社)青年海外協力協会に委託しています。

参考記事