JICA研究所

ニュース&コラム

JICA研究所 ナレッジフォーラム(第2回):G20大阪サミットに向けて~Think 20(T20)の取組と国際開発アジェンダ~

終了イベント

開催日時

2019年3月25日(月曜日)17時30分から20時00分

開催場所

国際協力機構(JICA)市ヶ谷ビル4F 400号会議場
東京都新宿区市谷本村町10-5

JR中央線・総武線 「市ヶ谷」 徒歩10分
都営地下鉄新宿線 「市ヶ谷」A1番出口 徒歩10分
東京メトロ有楽町線・南北線 「市ヶ谷」6番出口 徒歩8分[地図はこちら]

イベント内容

JICA研究所(JICA RI)は、国際開発に関心をもつ多様な関係者が定期的に集い自由闊達に議論する場として、今年1月にJICA RIナレッジフォーラムを立ち上げました。本フォーラムは、国際開発動向や開発協力に関する内外の知見を多様な関係者で共有・相互学習し、新しいアイデアを生み出していくKnowledge Co-Creation Platformとして機能することをめざしています。

第2回のナレッジフォーラムでは、日本が議長を務め6月末に開催するG20大阪サミットに向けた知的貢献としてのThink 20(T20)Japanの取組に焦点をあてます。T20は、G20の「アイデアバンク」と位置づけられ、G20各国のシンクタンク関係者等で構成されています。今年、日本はT20プロセスを通じてG20に向けた政策提言の策定をコーディネートしています。

今回は最初に、日本国際問題研究所及び国際通貨研究所と共にT20 Japanの主催団体を務めるアジア開発銀行研究所(ADBI)の吉野直行所長をお迎えし、今日の国際社会が直面する主要政策課題とそれに対するT20 Japanの取組についてご講演いただきます。続いて、JICA研究所のT20チームより、国際開発に関する2つのタスクフォース(2030アジェンダ/SDGs、アフリカ協力)の取組をご紹介します。

T20 Japan本会合は、G20大阪サミットに先立ち、5月末に東京で開催予定です。本ナレッジフォーラムにぜひ多くの方々にご参加いただき、G20に向けた政策提言の策定プロセスにおいて活発な意見交換の場となることを願っています。

プログラム

17:30–17:35 
趣旨説明(JICA研究所)

17:35–18:00
「G20大阪サミットに向けて:T20 Japanの取組」(仮題)(吉野直行所長/アジア開発銀行研究所(ADBI))

18:00–18:40 
国際開発アジェンダとT20 Japan
1)2030アジェンダ(SDGs)
・ 2030アジェンダ・タスクフォースの概要、民間セクターの役割(大野泉 JICA研究所所長)
・ 教育(萱島信子 JICA上級審議役/主席研究員)
・ 保健/ユニバーサル・ヘルス・カバレッジ(牧本小枝 JICA研究所上席研究員)
2)アフリカ協力
・ アフリカ協力、タスクフォースの概要、債務持続性(中田亮輔チーフエコノミスト)

18:40–19:15 ディスカッション
【司会・モデレーター】JICA研究所副所長 藤田安男

19:15 閉会

19:15-20:00 懇親会(自由参加)

※本フォーラムは、T20 Japan 2019の関連イベントです。

主催

JICA研究所

言語

日本語

参加費

無料

定員

100名

留意点

・お申込み人数により、会場を変更する可能性があります。

・本イベントにて撮影された写真は、JICAのウェブサイトおよび刊行物に掲載される可能性がございます。また、取材のため会場内に外部メディアのカメラや撮影チームが入る可能性もありますので併せてご了承ください。

問い合わせ

JICA研究所(担当:森実)

メール:ditas-rsunit@jica.go.jp 

申し込み方法

このイベントは終了いたしました。

ページの先頭へ