JICA研究所

ニュース&コラム

OECD DACの役割と日本への期待~グローバルな開発協力の変化への対応~

終了イベント

開催日時

2019年9月2日(月曜日)16時00分から17時30分

開催場所

国際協力機構(JICA)市ヶ谷ビル6F 600会議室
東京都新宿区市谷本村町10-5

JR中央線・総武線 「市ヶ谷」 徒歩10分
都営地下鉄新宿線 「市ヶ谷」A1番出口 徒歩10分
東京メトロ有楽町線・南北線 「市ヶ谷」6番出口 徒歩8分[地図はこちら]

イベント内容

今年8月末に横浜でTICAD7が開催されるのに合わせ、経済協力開発機構(OECD) 開発援助委員会(DAC)のSusanna Moorehead議長が来日されます。この機会をとらえ、JICA研究所ではMoorehead議長をお呼びしたセミナーを開催します。

DACはドナー諸国のフォーラムとして、約60年にわたり、メンバー相互や途上国との意見交換・知識共有を行ってきました。本セミナーでは、議長による基調講演とその後のディスカッションを通して、世界の開発協力のアーキテクチャーが大きく変容する今日においてDACや日本に求められる役割について議論します。特に開発協力への民間資金の動員や新興ドナーとの協調、持続可能な開発目標(SDGs)の達成に向けた取り組みといった重要なトピックに焦点を当てる他、TICAD7を踏まえアフリカ諸国の開発の展望についても考察します。

研究者、学生、メディア、開発実務家等、幅広く開発協力に関心をお持ちの皆さまのご参加をお待ちしています。

Moorehead議長の略歴ついては以下のサイトをご参照下さい。

プログラム(予定)

16:00-16:05 開会の挨拶
- 板垣 克巳(外務省国際協力局開発協力企画室長)

16:05-16:35 基調講演
- Susanna Moorehead(OECD DAC議長)

16:35-16:50 コメント
- 森 睦也(JICA上級審議役)
- 佐藤 仁(JICA研究所客員研究員/東京大学東洋文化研究所教授)

16:50-17:30 質疑応答
モデレーター:大野 泉(JICA研究所長)

主催

JICA研究所

言語

英語(同時通訳なし)

参加費

無料

定員

100名

留意点

・座席数が限られておりますため、定員を超えた場合はお断りする場合がございます。
・本イベントにて撮影された写真は、JICAのウェブサイトおよび刊行物に掲載される可能性がございます。また、取材のため会場内に外部メディアのカメラや撮影チームが入る可能性もありますので併せてご了承ください。

問い合わせ

JICA研究所(担当:高島)

メール:ditas-rsunit@jica.go.jp 

申し込み方法

このイベントは終了いたしました。

ページの先頭へ