JICA緒方研究所

ニュース&コラム

ナレッジ・レポートNo. 2「日本の留学生受入れへのCOVID-19の影響と今後の課題」発刊

2022年1月14日

日本の大学で学ぶ留学生たち(写真:JICA/久野真一)

JICA緒方貞子平和開発研究所(JICA緒方研究所)は、JICA関係者に対し、国際協力における経験と知識をもとに展開された独自の考え、現地の活動成果の要因分析などを発表する場を提供し、開発途上国の開発や国際協力に関する知見の共有・深化に資することを目的に、ナレッジ・レポートの発刊を開始しました。

2021年12月には、JICA緒方研究所の仲里ローレン非常勤研究助手と萱島信子シニア・リサーチ・アドバイザーが執筆したナレッジ・レポートNo. 2「日本の留学生受入れへのCOVID-19の影響と今後の課題」を発刊しました。同レポートでは、留学生移動の最近の傾向と変化の背景要因を明らかにすることで、日本の留学生事業への新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響を分析しています。

以下のリンクからぜひご覧ください。

ページの先頭へ