JICA緒方研究所

ニュース&コラム

スティグリッツ教授のコロンビア大学政策対話イニシアチブIPD(the Initiative for Policy Dialogue)とのアフリカタスクフォース会合を横浜で開催

2013年6月11日

r_kato.jpg
     加藤所長
6月2、3日にかけてJICA横浜で、JICA研究所とコロンビア大学スティグリッツ教授主宰の政策対話イニシアチブ(the Initiative for Policy Dialogue: IPD)による、「アフリカ経済の構造転換に向けた産業政策」をテーマにした会合が実施されました。本会合は、昨年の11月にニューヨークのコロンビア大学にて行ったタスクフォースに引き続くものです

 

r_DSC00069.jpg

細野シニア・リサーチ・アドバイザー(左)

スティグリッツ教授(右)

タスクフォースのメンバーとして、スティグリッツ教授をはじめ、JICA研究所の加藤宏所長、細野昭雄シニア・リサーチ・アドバイザー、島田剛研究員、ブルッキングス研究所のジョン・ページ氏 世界銀行セレスティン・モンガ経済アドバイザー、コロンビア大学ホセ・アントニオ・オカンポ教授(元コロンビア国財務大臣)、ステファニー・グリフィス・ジョーンズ教授、ヌワイ・エチオピア首相経済顧問、福田パー咲子ニュー・スクール教授、シャヒド・ユスフ成長対話イニシアチブ・チーフエコノミストなどが出席しました。

 

タスクフォース会合では、『Working Papers: Africa Task Force Meeting—JICA and The Initiative For Policy Dialogue』をもとにしつつ各著者が発表を行いました。スティグリッツ教授は「Learning and Industrial Policy」と題し包括的な議論を行い、同じセッションで発表を行った島田剛研究員は「Learning to Learn: the Economic Implications of Comprehensive Approach to Development」について、細野昭雄シニア・リサーチ・アドバイザーは「Lessons from Five Outstanding Cases」について発表しました。活発な意見交換が行われ、今後、この共同研究成果をどのような形で発表していくかについても議論がなされました。

 

日時2013年6月 2日(日) ~ 2013年6月 3日(月)
場所JICA 横浜
関連ファイル

Agenda-IPD/JICA Africa Task Force Meeting
Industrial Policies and Economic Transformation




開催情報

開催日時2013年6月 2日(日)~2013年6月 3日(月)
開催場所JICA 横浜

ページの先頭へ