JICA緒方研究所

出版物

ワーキングペーパー

No.27 What Makes the Bangladesh Local Government Engineering Department (LGED) So Effective?  — Complementarity Between LGED Capacity and Donor Capacity Development Support —

バングラデシュの地方行政技術局(LGED)は、ガバナンスの脆弱な同国の公的機関の中で特に効率的と言われている。その特徴は、ニュー・パブリック・マネジメント流の急進的組織改革なしに、効率性を実現した点にある。本稿は、経営及び組織理論に基づき、なぜLGEDが効率的か、その独自能力とドナーの支援がどう補完的に作用したかを分析する。LGEDの主業務領域である農村インフラは、貧困削減重視の潮流の中で経営資源獲得に有利である上、効率性を可能にする組織構造や文化の形成に寄与した。また、政府の硬直的規則や慣習にも拘らず、LGEDは組織運営に独自の工夫を凝らし、他機関にない分権的組織、調整メカニズム、職員へのインセンティブ、迅速な意思決定システム、組織文化等を形成した。ドナーは、長期ビジョン策定、各種マニュアル整備、技術力強化等によりLGEDの弱みの克服を支援してきた。最後に、同国の公的機関及びLGEDへの提言を行う。

ページの先頭へ