JICA緒方研究所

研究活動紹介

経営的人的資本(Managerial Capital)向上による中小企業振興インパクト分析‐カイゼンを中心に

終了プロジェクト

会社を経営する能力である経営的人的資本(Managerial Capital)は経済成長への主要な要素として見直されてきており、その一環で日本式生産管理手法である「カイゼン」も注目を浴びています。しかし経営的人的資本にかかわる実証研究の積み重ねはまだ少ない状況です。本研究では中米・カリブ地域広域で実施した「中小企業の品質・生産性向上に係るファシリテーター能力向上プロジェクト」を取り上げ、プロジェクト内で育成されたファシリテーターのレベルや能力向上を促進する要因の分析、カイゼンの実施が企業のパフォーマンスに与える影響などを分析しました。

ページの先頭へ