海外移住資料館ロゴ(トップページに戻ります)

Japanese Overseas Migration Museum
Museu da Migração Japonesa ao Exterior
Museo de la Migración Japonesa al Exterior

JICA独立行政法人国際協力機構ロゴ

このページのコンテンツに移動

現在の場所は

海外移住資料館について

はじめに

【画像】

移住地の造成(パラグアイ・ピラポ、1960年代)

日本人の海外移住は、1866年に海外渡航禁止令(鎖国令)が解かれてから、すでに150年以上の歴史があります。ハワイ王国における砂糖きびプランテーションへの就労に始まって、アメリカ、カナダといった北米への移住、そしてその後1899年にはペルー、1908年にはブラジルへと日本人が渡ります。そして、1924年にアメリカで日本人の入国が禁止されると、大きな流れが北米から南米へと移っていきます。その結果、第二次世界大戦前には約77万人、大戦後には約26万人が移住しています。

その一方で、ここ数十年、かつて日本人が移住した国々、とくに南米から、日系人とその家族が就労や勉学の目的で来日しており、現在20万人以上(2018年末)の人たちが在留しています。こうした経緯から、日本人の海外移住の歴史、そして移住者とその子孫である日系人について、広く一般の方々(とくに若い人たち)に理解を深めてもらうことを目的として、海外移住資料館が開設されることになりました。

展示では、JICAが、戦後、主に中南米への移住事業の一翼を担ったことから、中南米とそれに先行するハワイを含む北米への移住を主たる対象としています。

開設経緯

【画像】

開設に先立ち、海外移住資料館ではその約3年前から調査活動を進めてきました。具体的には、類似機関である全米日系人博物館(アメリカ・ロサンゼルス)や、ブラジル日本移民史料館(ブラジル・サンパウロ)、日系関係資料を所蔵する大学や公共機関、あるいは現地の日系人団体等から情報を入手しました。そして、直接個人や団体に対して資料をお持ちでないかを尋ねて回り、寄贈及び借用の交渉を行いました。こうして開館までに収集した資料は約12,000件にのぼります。

これに加え、資料館の母体である国際協力機構がすでに所有していた図書、写真・映像・音声類も4万件近くありました。

なお、開館からこれまでの沿革については下記リンク先をご覧ください。

所蔵資料

資料は大きくわけると4種類あり、古いものは、1860年代にまでさかのぼります。例えば、「御免の印章」という今日のパスポートに相当するもの(複製)などがあります。具体的な4種類の資料は下表のとおりです。

種別 件数 備考
文献・図書類 20,000件  
アーカイヴ類 5,000件 名簿、旅券、身分証明書、契約書や証書、新聞、会報、報告書、教科書等
写真・映像・音声類 10,000件 写真、ネガ、ポジ、ビデオフィルム、カセットテープ、レコード類
標本類(物品) 2,000件 移住者の人たちが移住先国へ持参した行李やトランク、日用品、移住先国で使った農機具や漁具、太鼓や野球用具など、娯楽に関する用品等

2006年1月現在。整理中を含む

【画像】

アマゾン移住50周年記念メダル(ブラジル、1979年)

【画像】

頼母子講の札(ブラジル)

展示構成

常設展示の構成は、大きく分けて5つに区分されます。展示資料数は約1,500点です。詳しくは常設展示のページをご覧ください。

床面積

常設展示場

732.2平方メートル

企画展示室・ガイダンスホール

130.1平方メートル

海外移住資料館 閲覧室

56.5平方メートル

一般収蔵庫

243.1平方メートル

写真特殊収蔵庫

31.0平方メートル

移住資料書庫

67.1平方メートル

館長

中根 卓(JICA横浜 所長)

特別監修

梅棹 忠夫(故人)(国立民族学博物館初代館長)

学術監修

阪田 安雄(大阪学院大学国際学部)

中牧 弘允(国立民族学博物館民族文化研究部)

山本 匡(国立民族学博物館博物館民族学研究部)

(注)所属は開館当初のもの