メニュー

◆2月のイベント週替わりメニュー『鍋祭り』◆

ウィークリーメニュー

週替わりメニュー

2月の月替わりエスニック料理は2月4日に独立記念日を迎える「スリランカ」の料理です

2月「スリランカ料理」
飲み物(コーヒー/紅茶)付で720円

■スリランカチキンカレー
スパイシーなスープカレーです。
■アーユルヴェーダ・いんげんカレー
トマト、いんげん、たまねぎをスパイスで煮込んだ料理です。
■ワタラッパン
スリランカ伝統のお菓子。スパイシーココナッツプリンです。
■ごはん

2月4日はスリランカの独立記念日です

スリランカはインドの南側に位置する島国です。1948年2月4日に英国から独立を果たし、16世紀頃から長い間続いた植民地時代が終わりました。独立当時は「セイロン」という国名で政治的自立を獲得し、1972年には英連邦内の自治領から完全に独立、6年後の1978年に現在の国名に改名しました。毎年この日は各地で盛大なパレードや祝賀式典が行われます。

スリランカから来ているJICA研修員にきいてみました

JICA研修員
チャンダナさん

1月上旬から約1か月間、JICA関西のプログラム「総合防災行政(A)コース」で研修を受けているチャンダナさんへ、スリランカについてインタビューをしました。

Q1. スリランカはどんなところですか?
世界遺産や美しい自然遺産が多くあり、海に囲まれ、観光が盛んな平和な国です。2500年の歴史がある古都聖地アヌラーダプラ (Anuradhapura)や8月に行われるペラヘラ祭り(Esala Perahera)には多くの観光客が訪れます。気温は平地で28-30℃と過ごしやすいですよ。シンハラ語・タミル語の2言語が公用語で、ふたつの民族を繋ぐ連結語として英語も使われています。

Q2.スリランカではどのようなお仕事をされていますか?
防災人権省で行政官として働いています。ここで防災に関する計画と実施、そして評価をしています。

Q3. スリランカ料理の特徴を教えてください
スリランカでは主に米とカレーを食べています。米はインディカ品種、カレーは煮込み料理全般を指します。カレーには唐辛子や胡椒、多くの香辛料を使います。旬の野菜が沢山入っていて、それらを右手で混ぜて食べます。

Q4. スリランカ料理でおすすめは何ですか?
美味しいと思う料理は人によって違いますが、ダルカレー(豆カレー)、ドライフィッシュ、ココナッツサンバルはとても美味しいです!

Q5. 2月4日はスリランカの独立記念日ですが、お祝いや特別な日に食べる料理があれば教えてください
特別な日にはミルクライス(シンハラ語: කිරිබත්、英語: Kiribathキリバット)をひし形に成形した料理を食べます。作り方は、米を水で炊いた後ココナッツミルクを入れよくかき混ぜて完成です。

Q6. 最後に「とっても美味しい!」をスリランカでは何と言いますか?
シンハラ語で『Harima Rasai』(ハリマラサイ)です。

チャンダナさん、インタビューへのご協力、ありがとうございました。

◆JICA研修員について
JICAは、開発途上国の行政官や技術者などを研修員として日本に招き、関係省庁、大学、地方自治体、民間企業などの協力のもと専門知識の技術研修を実施し、自国の発展に役立ててもらう研修員受入事業を行っています。

◆総合防災行政Aコースのご紹介
チャンダナさんが受講している「総合防災行政(A)コース」は、防災行政に関する基礎的な内容、日本の防災知識と経験、蓄積された技術を紹介し、研修参加者がそれぞれの国においてより良い防災体制を構築することを目的とした研修コースです。

※3月のエスニック料理は「チュニジア料理」です。お楽しみに!

(参考)
外務省ウェブサイト

関連リンク:

■私たちが「月替わりエスニック料理」に込める思い♪ JICA関西では2007年7月から「月替わりエスニック料理」の提供を開始し、現在まで70か国を超えるお料理を提供してまいりました。日本で生活しているとなかなか接点のない開発途上国について、「食」を通じて身近に感じ理解を深めていただけたら・・・との願いを込めています。 「エスニック」は「民族の」という意味ですが、「エスニック料理」は一般的に特定の国や地域に伝わる料理を総称して用いられています。私たちJICA関西食堂は、毎月特定の開発途上国・地域に想いを寄せながらメニューを選定し「月替わりエスニック料理」をご提供しています。