開発教育支援事業

【画像】

【画像】

国際協力に関心のある皆さまを対象とした様々なプログラムを実施しています。開発途上国と日本とのつながりを知ることで、途上国の問題を自分ゴトとして感じ、学び、気づきを得られるようなプログラムを用意しておりますので、興味のあるプログラムにぜひご参加下さい。

国際協力や開発途上国の話を聞きたい方へ

【画像】

国際協力出前講座の様子

外国人と交流したい方へ

生徒・学生対象のプログラムに参加したい方へ

【画像】

高校生国際協力体験プログラムでJICA研修員と一緒に撮影

教師対象プログラムに参加したい方へ

【画像】

国際理解教育指導者研修の様子

世界の民族衣装や展示パネルを使用したい方へ

【画像】

世界の民族衣装を着た子供たち

展示・本・写真・映像で世界のことを知りたい、調べたい方へ

JICA北海道(札幌)の体験型展示『ほっかいどう地球ひろば』をぜひご活用ください。

世界の課題や私たちと世界のつながり、持続可能な開発目標(SDGs)などについて知りたい方は、こちらをご覧ください

国際理解教育・開発教育の授業で使える教材、映像資料、学習指導案など、学校で活用できるJICAプログラムをお探しの方はこちらをご覧ください。

お申込み・お問い合わせについて

【画像】

JOCAメンバーと大学生案内人

【画像】

展示案内の様子

【画像】

ワークショップの様子

JICA北海道(札幌)では、開発教育支援事業の一部を青年海外協力協会(JOCA)に業務委託しております。下記についてのお申込み・お問い合わせは、青年海外協力協会(JOCA)にお願いいたします。

  • 国際協力出前講座
  • ほっかいどう地球ひろば訪問プログラム
  • 異文化交流プログラム(JICA研修員学校訪問代替)
  • 教師海外研修
  • 教師国内研修
  • 世界の民族衣装や展示パネルの貸し出し

青年海外協力協会(JOCA)からメッセージ

はじめまして。青年海外協力協会の田中肇と申します。現在JICA北海道(札幌)より業務を受託し、私を含めた職員4名で国際協力出前講座、ほっかいどう地球ひろば訪問などの業務に携わっています。

私が所属する青年海外協力協会(JOCA)とは、青年海外協力隊の帰国隊員を中心に組織されている、内閣府認定の公益社団法人です。

北海道では、JICA北海道(札幌)のほっかいどう地球ひろば内に執務室があり、業務を行っています。
ひろば訪問のプログラムの一つ『協力隊体験談』では、スタッフがそれぞれの活動地であったウズベキスタン、ブラジル、グアテマラでの体験をお話します。また、開発教育協会(DEAR)が刊行している「世界がもし100人の村だったら」や「新貿易ゲーム」など定番のワークショップの他、SDGsをテーマとしたオリジナルのアクティビティなども行っています。

学習に関わるご相談もお受付けしています。
お気軽にご連絡ください。

青年海外協力協会(JOCA)[JICA北海道業務委託先]
電話番号:011-866-1515
メール:hokkaido@joca.or.jp

その他のお申込み・お問い合わせについて

【画像】

JICA北海道では、途上国における国際協力事業やJICA海外協力隊員の活動に従事したことのある国際経験豊富な人材、ネットワークを活用し、市民の皆様に国際協力や異文化について関心を持っていただくための活動や、教育現場での国際理解教育へのお手伝いをさせていただいております。お気軽にご相談ください。

JICA北海道(札幌)市民参加協力課 担当:田村
電話番号:011-866-8421
メール:hkictpp@jica.go.jp