開発教育/国際理解教育指導者研修

【画像】

開発教育・国際理解教育に関心のある方々に、その必要性、重要性、そして具体的な実践方法について考えていただくプログラムです。

ワークショップへの参加や教材の分析等を通して、国際理解教育を実践するためのスキルアップを図ります。私たちの生活と開発途上国とのつながりや開発途上国が抱える問題への理解を促すと共に、教員同士のネットワークを活かして学校現場における国際理解教育の推進を目指します。

2019年度 SDGs編)つながる、SDGsとわたしたち

【画像】

国際理解教育・・・
やってみたいけど、どうやるの?難しそう!どんなことを教えるの?
JICA北海道では、国際理解教育を実践したい、関わりたいと思う方向けに「国際理解教育指導者研修」を開催しています。
第2回目の11月23日はSDGs編!
今回は、学校の先生によるオリジナルSDGs教材をご紹介します。
楽しく、深くSDGsを学べる教材…その作成の裏側にはどんな意図があるのか授業実践報告と併せて、じっくり学んでみませんか?

日時:

2019年11月23日(土)13:30~17:30(受付13:00)

会場:

JICA北海道(札幌)2階 ブリーフィングルーム
(札幌市白石区本通16丁目南4-25)

プログラム:

  1. オリジナルSDGs教材体験 講師:田中 孝治先生(石狩市立石狩小学校)
    「コンビニから見えてくるSDGs」
  2. 講義「SDGsをテーマとした授業実践について」 講師:橋詰 典明先生(石狩市立花川北中学校)
  3. オリジナルSDG教材体験 講師:佐久間 みのり先生(札幌市立伏見小学校)
    「いいね!ん?どうなってるの?インドから始まる私のSDGs」
  4. まとめ「学校での実践をどう進めるか」

参加費:

無料

定員:

30名

申込:

氏名・所属・連絡先・過去のJICA研修参加経験を下記までご連絡ください。

応募締切:

11月22日(金)

講師が丁寧に進めますので、ご安心ください。
高校生以上でしたらどなたでも参加可能です!
国際理解教育のワーク・SDGsの伝え方、様々な参加型手法を学びたい方々
是非、下記よりお申し込みください!
ご参加お待ちしております。

(注)2020年2月23日(日)~国際理解教育指導者研修【共有編】
教師海外研修(キルギス)報告会&教材検討を開催いたします。
詳細は1月上旬にHPに掲載予定ですので、こちらもぜひ参加の検討をお願いします!

主催:

JICA北海道

協力:

北海道開発教育ネットワーク(D-net)

関連ファイル:

本研修に対するお申込み・お問合せ先

JICA北海道(札幌) 市民参加協力課
〒003-0026 北海道札幌市白石区本通16丁目南4-25
電話番号:011-866-8421
メール:hkictpp@jica.go.jp

これまでの研修の様子