JICAテロ対策実技訓練に関するご案内

弊機構では、昨今の世界的な治安情勢の変化を踏まえ、ODA事業に関連する企業・団体の皆様に、以下のテロ対策実技訓練の機会を提供しています。

参加時には、以下の「新型コロナ感染予防対策に係る依頼事項」を遵守してください。なお、新型コロナウイルスの感染状況によっては直前でも中止になる可能性がありますので、予めご了承ください。

1.「テロ対策実技訓練」日程・内容

(1)開催日程

開催日程は、以下をご参照ください。

(2)場所

10月から3月まで実施するテロ対策実技訓練の開催場所は、JICA東京へ変更となりました。

JICA東京 講堂(変更になる場合があります)
〒151-0066 東京都渋谷区西原2-49-5

(3)定員

30名程度
(注)新型コロナウイルス感染予防として参加者間の距離を確保するため、人数を減らして実施します。

(4)対象者

1)優先対象者:功労金対象国・地域(戦争特約付保:外務省海外安全情報レベル3以上の国・地域)に渡航するJICAと契約関係にある事業関係者(テロ対策実技訓練の受講が必須である方)

(注)外務省海外安全情報レベルは不定期に更新がありますので、渡航前に必ず外務省の海外安全ホームページを確認してください。

2)その他JICA事業関係者(専門家、コンサルタント、随伴家族等を含む)や国際協力事業に従事される民間企業・政府関係機関・非政府/市民社会組織(NGO/NPO)・地方公共団体・大学関係者等、幅広い事業関係者

(5)内容

「無抵抗」主義を原則に、海外で遭遇し得るリスク、テロの手口や銃器などの脅威について理解し、実技訓練により基本的なセルフディフェンスについて習得することを目的としています。

  • テロの手段、銃器、爆発物の説明
  • 伏せ・移動・脱出の訓練
  • レストラン・事務所等でテロにあった際の対処法 他
  • 質疑応答

(6)参加費

無料

2.申し込み方法

応募締切日時までに、別添申込フォームに必要事項を記入の上、メールにてお申し込みください。

(1)メール記載内容

メール件名に、以下のとおり記載をお願いします。

【安全対策研修_研修日】(団体/社名)、(人数)
(記入例:【テロ対策実技訓練/申し込み 4月19日】A社、1名)

(2)申し込みフォーム

(注)一回の研修毎に、一通のメールでお申し込みください(一通のメールで複数回の研修をまとめて申し込まないでください)。
(注)同一企業/団体から、複数名の参加を希望される場合、社内で参加者をとりまとめ、優先順位を付けてお申し込みください。

【個人情報取り扱いについての注意事項】
  1. お申込みの際には本フォームに必ずパスワードをかけてメールに添付して送付してください。
  2. 本フォーム送付後、パスワードのみ別メールで送付してください。また、パスワードを未設定によるトラブルについては責任を負いかねます。
  3. 収集した個人情報はJICAが厳重に管理し、本研修実施に係る連絡及び参加者についての統計・データ分析以外の目的では利用しません。

(3)お申込み先

研修事務局(株式会社オオコシセキュリティコンサルタンツ)
担当:橋田、石見、夏目
メールアドレス:application@globalsecurity.jp

(4)参加可否の連絡

受講可否については、お申込み用紙(エクセル表)に記載の連絡先(メール)にJICAから研修開催日の1週間前を目処にメールで連絡いたします。

3.新型コロナ感染予防対策に係る依頼事項

  1. 受付時に以下を口頭で確認し、該当する方は参加不可といたしますので、予めご了承ください。
    • 37.5度以上、または平熱よりも1℃以上高い方(受付時に検温します)。
    • 体調がすぐれない方(例:発熱・咳・咽頭痛・味覚障害等の症状)。
    • 同居家族や身近な知人に感染が疑われる人がいる方。
    • 入国制限・観察期間等がある海外から2週間以内に帰国したか、当該者と濃厚接触した方。
  2. アルコール消毒液を設置しますので、こまめな手洗い、手指の消毒を行ってください。
  3. 訓練中は、参加者全員マスクを着用してください。息苦しくなった場合は外しても可能ですが、声を出すことは避けてください。
  4. 訓練を行う会場内での飲食は禁止します。(水分補給は除きます)。
  5. 共有スペース(食堂、通路、ロビー等)での長時間の滞留は禁止です。

(注)訓練実施側も、休憩時間の換気、スタッフ全員のマスク着用・検温・手指の消毒の徹底等を行って感染予防対策を行います。

4.留意事項

(1)JICAとの契約により、功労金対象国・地域(戦争特約付保:外務省海外安全情報レベル3以上の国・地域)に渡航される場合、団内のうち少なくとも1名はテロ対策実技訓練の受講が必須です。なお、テロ対策実技訓練にかかる受講義務の例外として、過去にJICA職員や専門家として赴任前研修(安全対策研修)の受講経験がある場合や、業務実施単独型及び直営の短期専門家のうち単発的な渡航となる場合(シャトル派遣型など、一定期間で複数回の渡航をする場合を除く)については、少なくとも渡航者向け研修(Web版)を受講した上で渡航ください。

(2)定員を超える場合は全員ご受講いただけない可能性がありますので、複数名応募する場合は安全対策担当者を優先し、優先順位を付けて応募してください。
(3)申込み後の変更、キャンセルにつきましては、必ず研修事務局へご連絡ください。
(4)ほふく前進や伏せ等を行います。長袖を着用し、汚れても気にならない動きやすい服装でお越しください。また、運動靴をお勧めします。
(5)会場には1」軍手(返却不要)、2)膝・肘パッド(要返却)を用意しています。膝・肘パッドは消毒してお貸ししますが、使用後は必ず手指をアルコール消毒してください。
(6)訓練中の水分補給用のお飲み物はご自身でご用意ください。(館内に自動販売機がございます)

5.お問い合わせ先

研修事務局:株式会社オオコシセキュリティコンサルタンツ
担当:橋田、石見、夏目
電話番号:03-5776-0530