安全対策研修・訓練

JICAは国際協力事業関係者を対象とした安全対策研修・訓練(講義型、実技)を開催しています。今後さらに安全対策に関する研修・訓練の機会を拡大し、内容の充実に努めてまいります。

1.安全対策研修・訓練の対象者

JICAの安全対策研修・訓練は、JICA事業だけでなく、広く国際協力事業に従事する(予定を含む)の個人・法人の皆さまを対象としています。個別の研修・訓練ごとに参加要件は異なりますので、「2.研修・訓練の内容とお申込み方法」および下記リンクよりご照会ください。

2.研修・訓練の内容とお申込み方法

(1)安全対策研修(渡航者向け、旧称:安全対策研修(座学))

国際協力事業に従事する幅広い方々(専門家、コンサルタント、NGOや資金協力事業関係者、随伴家族等)を対象に、一般犯罪対策及びテロ対策を中心とした座学講義を実施するものです。具体的な内容として、「一般犯罪対策」「交通安全」「テロ対策」「JICA安全対策概要」をテーマに講義を行います。

安全対策研修(Web版)のご案内

【画像】上記座学研修への出席が難しい方向けに、インターネット上で安全対策研修(Web版)を国際協力キャリア総合情報サイト「PARTNER」よりご覧いただけます。具体的なアクセス方法は下記リンク先をご覧ください。
(※なお、JICAとの契約により派遣される個人・法人の皆様は安全対策研修(講義型又はWeb版)の受講を必須としていますので、派遣前に必ず受講していただくようお願いいたします。)

(2)安全対策研修(管理者向け)

国際協力事業に従事する企業・団体・NGOの安全管理責任者やご担当者を対象に、テロ・誘拐などの事件、暴動などの危機が発生した場合の対応、危機管理・対応に備えた準備などに関する座学講義を実施するものです。具体的な内容として、「安全管理・危機管理概論」「危機管理の実務」をテーマに講義を行います。

(3)テロ対策実技訓練

テロ対策を中心に、一般犯罪、テロ、誘拐などに遭遇した際の実践的な対応策を実習形式で学びます。脅威度の高い国・地域への出張・赴任を予定している事業関係者を主な対象としています。お申込・お問い合わせは「安全対策研修・訓練開講スケジュール」をご覧ください。

(4)現地安全対策研修

脅威度の高い国を中心に、上記(1)、(2)の内容に準じた研修・訓練を現地で開催しています。JICA事業関係者にはJICA在外事務所より開催予定をご案内します。お申し込み・お問い合わせは、各国のJICA在外事務所に直接ご照会ください。

3.よくあるご質問

Q:一般のビジネスや旅行などのため開発途上地域に渡航予定ですが、JICAの安全対策研修に参加できますか。

A:JICAの安全対策研修・訓練は、JICA事業及び国際協力事業に従事する(予定を含む)個人・法人の皆さまを対象としております。ご了承ください。

Q:一法人から複数人数の参加は可能ですか。

A:可能です。定員を超える場合は全員ご受講いただけない可能性があります。

Q:危険地域への渡航は予定していない場合でもテロ対策実技訓練の受講は可能でしょうか。

A:残席があれば受講いただけます。