ジョージア

 英語

「シルクロードの経路に位置する国」として知られているジョージア(旧グルジア)は、アジアとヨーロッパを結ぶ重要な結節点であり、現在では東西交通路の要衝の地となっています。
ジョージアは、ソ連邦崩壊後すぐに独立を果たし、独立直後の内戦など多くの困難を乗り越え、現在では中央アジア・コーカサスにおいて、最も民主的で市場経済化が進んでいる国となっています。
日本政府は、対ジョージア国別援助計画を策定し、経済成長の促進と社会の安定に寄与する支援を基本方針に経済インフラの整備と民生の安定の2つを重点分野として定めました。これに基づき、JICAは東西ハイウェイ整備事業(円借款)、クリーンエネルギー導入計画(無償資金協力)などの事業のほか、保健セクターや農業セクター等の研修員を多数受け入れています。

事務所情報

ジョージア支所
JICA GEORGIA OFFICE

ピックアップニュース

協力情報

事業別プロジェクト一覧

技術協力、有償資金協力(円借款)、無償資金協力、草の根技術協力それぞれのプロジェクト情報は以下からもご覧いただけます。

※ODA見える化サイトで紹介しているプロジェクトの掲載条件は、こちらを参照ください。

プロジェクト所在地図

ジョージアで実施中のプロジェクトがどの地域で行われているかご覧いただけます。

協力実績

これまでのジョージアに対する協力の統計をご覧いただけます。

資料・報告書

ジョージアのプロジェクトに関する資料・報告書をご覧いただけます。