JICA緒方研究所

ニュース&コラム

AUDA-NEPAD/JICA緒方研究所共催『Policy Learning for Industrial Development and the Role of Development Cooperation』出版記念オンラインセミナー

終了イベント

開催日時

2022年4月7日(木曜日)18時00分から19時30分

開催場所

オンライン(Zoom)
※参加登録をいただいた方に追ってミーティングIDを連絡いたします

イベント内容

JICA緒方貞子平和開発研究所(JICA緒方研究所)とアフリカ連合開発庁(AUDA-NEPAD)は、JICA緒方研究所が発刊した産業開発に関する2冊の書籍の発刊を記念して、書籍刊行記念ウェビナーを共催します。

JICA緒方研究所では、研究プロジェクト「日本の産業開発と開発協力の経験に関する研究:翻訳的適応プロセスの分析」の成果として、第1巻『Policy Learning for Industrial Development and the Role of Development Cooperation』と第2巻『Promoting Quality and Productivity Improvement/ Kaizen in Africa』の2冊を2022年2月に刊行しました。

第1巻『Policy Learning for Industrial Development and the Role of Development Cooperation』は、日本がどのように産業政策を策定・実施してきたか、また開発途上国の産業開発にあたり日本がどのような開発協力を行ってきたか、各国の事例を取り上げて11章にわたって議論しています。他国の技術や知識を、開発途上国が自らのニーズに合わせて修正する「翻訳的適応」や政策学習の重要性について述べるとともに、ハンズオン型政策アドバイスの提供やパートナー国の学習プロセスの促進など、日本の産業分野の開発協力が目指してきた知的協力のあり方についても紹介しています。

本セミナーでは、第1巻の編者と章執筆担当者がその執筆内容や研究成果を報告し、AUDA-NEPADのディスカッサントと議論します。

プログラム

1. 開会あいさつ
2. 著者による書籍紹介
3. ディスカッサントからのコメント
4. 質疑応答
5. 閉会あいさつ

登壇者

<発表者>
大野 泉(政策研究大学院大学教授、JICA緒方研究所シニア・リサーチ・アドバイザー)
天津 邦明(山口大学教授)
本間 徹(JICA国際協力専門員)

<ディスカッサント>
Dr. Yazini April, Coordinator, BRICS Research Centre, Human Science Research Council, South Africa
Mr. Martin Bwalya, Director Knowledge Management and Programme Evaluation Directorate, AUDA-NEPAD, South Africa

<モデレーター>
Ms. Pamla Gopaul, Senior Programme Officer and Lead Coordinator, Policy Bridge Tank, Knowledge Management Division, AUDA-NEPAD, South Africa

フライヤー
主催

JICA緒方貞子平和開発研究所、Africa Union Development Agency (AUDA-NEPAD) Policy Bridge Tank

言語

英語

参加費

無料

定員

3000人

留意点

・本イベントにて撮影された写真は、JICA緒方貞子平和開発研究所のウェブサイトおよび刊行物に掲載される可能性がございます。

問い合わせ

JICA緒方貞子平和開発研究所(担当:近江)

メール:ditas-rsunit@jica.go.jp 

申し込み方法

このイベントは終了いたしました。

ページの先頭へ