JICA緒方研究所

ニュース&コラム

価値・公平性・信頼に基づくデータ活用でより良い世界を—世界開発報告2021共催セミナー開催

2021年8月17日

世界銀行のWDR2021執筆担当共同局長のディーン・ジョリフ・開発データグループ・リードエコノミスト

世界銀行グループが毎年発行している「世界開発報告」(World Development Report: WDR)の2021年版「WDR2021:DATA FOR BETTER LIVES(生活向上のためのデータ活用)」が2021年3月に発表されたことを受け、世界銀行とJICA緒方貞子平和開発研究所(JICA緒方研究所)は、2021年7月27日にオンランセミナー「世界開発報告(WDR)2021:生活向上のためのデータ活用」を共催しました。

世界銀行のヴィヴィアン・フォスター・インフラストラクチャー担当チーフエコノミスト

セミナー冒頭、世界銀行の宮崎成人駐日代表による開会のあいさつに続いて、世界銀行のWDR2021執筆担当共同局長であるディーン・ジョリフ・開発データグループ・リードエコノミストと、ヴィヴィアン・フォスター・インフラストラクチャー担当チーフエコノミストが同報告書の概要を報告しました。まずジョリフ氏はWDR2021の概要として、「データは貧困や災害などの問題解決や公共政策への寄与というポジティブな力を持つ一方で、データインフラやアクセス、法規制面で依然としてデータ格差が存在するため、『価値・公平性・信頼』の3つの要素に基づいたデータ利用に関する国家と国民との新たな社会契約を実現する必要がある」と述べました。また、同報告書では新たに国の統計制度のパフォーマンスを測定する新しいツールである「統計パフォーマンス指標」を導入し、データを取り巻く各国の現状を明確化したことを挙げ、これにより透明性が高く、人々の信頼を得る社会契約の実現が可能になると説明しました。続いてフォスター氏が、報告書の後半で取り上げているデータガバナンスについて、インフラ政策・法規制・経済政策・制度の4つの柱に分けて、国内・国際間の両面から詳しく解説しました。「社会契約確立への道のりはまだ長く、多様なステークホルダーが国際協力に基づいてデータガバナンスの枠組みを構築しなくてはならない」と訴え、その実現には、計画的、政府横断的、多様なステークホルダーが参画する協力的なアプローチに基づいた「統合国家データシステム」の構築が必要と強調しました。

JICA緒方貞子平和開発研究所の牧野耕司副所長

この報告を受けてコメントしたJICA緒方研究所の牧野耕司副所長は、新型コロナウイルス感染症(以下、コロナ)のパンデミックによってデータ利用の光と陰が顕在化した今、WDR2021は時宜にかなったレポートであるとした上で、データは人間の安全保障の実現にとっても欠かせないと指摘。さらに、「JICAは2020からWith/Postコロナの世界について多くの研究者と対話を行い、コロナによって世界各地で社会契約を再構築する動きが加速しているという結論に達した。JICAが考える社会契約の柱は、安全・豊かさ・自由であり、WDR2021と目指す方向は同じ」と述べました。また、平和構築のためのデータ利用についても言及し、「反政府武装勢力などによる過激主義がSNSを使って拡大し、バーチャル世界でも社会の過激化・分断化が進んでいる。そんな時代だからこそ、より大きな一つの社会をつくるために、私たちもSNSとデジタルトランスフォーメーションを活用すべき。個人一人一人に情報を届けられるようになり、それが平和構築に結びつく」と述べ、例としてJICAのフィリピン・ミンダナオ島やウガンダ避難民への支援におけるスマートフォンのビッグデータ、SNSデータや衛星データを活用していく動きを紹介し、データ社会のさらなる可能性を示しました。

ジェトロアジア経済研究所開発研究センターの伊藤成朗ミクロ経済分析研究グループ長

続いて、ジェトロアジア経済研究所開発研究センターの伊藤成朗ミクロ経済分析研究グループ長がコメント。WDR2021はデータを開発と結びつけ、広範囲なデータガバナンスの枠組みを提起している点で画期的とした上で、デジタル社会が貧困層にもたらすメリットとしてアフリカにおけるデジタルローンの例を挙げつつ、「信頼が不十分な中で、どのように貧困層を保護しつつ社会契約を構築するのか」という実現可能性の問題、さらに、データ利用が社会契約に則っていたとしても、高コストで貧困層を取りこぼすリスクがあるという課題を指摘しました。

最後に、参加者からの「データを悪用されないためにはどんな対策があるか」「データを利用するプロセスに脆弱な人々のグループをどうしたら参画させられるか」といった質問にも各登壇者が回答し、活発な意見交換が行われました。

関連動画

Seminar "World Development Report 2021: Data for Better Lives"

ページの先頭へ