JICA緒方研究所

出版物

開発協力文献レビュー

No.6 障害とは何か-ケイパビリティアプローチの視点から

2015年2月に改定された開発協力大綱では強靭性や持続可能性と共に包摂性の観点からの「質の高い成長」が重点課題として挙げられています。今号では、さまざまな課題の中で見過ごされがちな社会的少数派の中で、障害者に着目します。障害問題への取り組みを考えるために、障害とは何かを改めて考え、近年注目を集めているアマルティア・センのケイパビリティアプローチの障害への応用に関する研究をご紹介します。

JICA研究所では、「開発協力大綱」で重点課題として示されている「質の高い成長」に関する研究を実施しています。この研究の中では、「質の高い成長」に関連したテーマをとりあげ、文献レビューを行っていますが、本レビューはその一環としてまとめられたものです。

ページの先頭へ