相手国政府からの了承取付・NGO登録について

事業の実施に際しては各国の事情に応じて、政府等からの了承の取付及び実施予定国でのNGO登録を行う必要があります。了承の取付方法として、口上書交換、M/M(*1)、R/D(*2)、JICA在外事務所からの通知の発出、等があり、この方法により日本側と相手国関係者間で事業の実施について合意します。いずれの方法を採用するかは相手国関係者の意向を踏まえて決定します。現時点で65ヵ国における了承の取付方法及びNGO登録は以下のとおりです(ただし、事情によりこの方法が変更されること、また、大学や自治体など実施団体によっては了承取付方法が異なる場合もありますので、詳細についてはJICA国内機関またはNGO-JICAジャパンデスクまでお問合せください)。

(*1)M/M:Minutes of Meeting=会議議事録、ミニッツ
(*2)R/D:Record of Discussion=合意議事録
(*3)MOU:Memorandum of Understanding=覚書
(*4)エンドースレター=承認文書

アジア

中東

アフリカ

北米・中南米

大洋州

欧州