草の根技術協力事業

草の根技術協力事業とは

地方自治体や地域のNGO、大学などが、これまでに培ってきた経験や技術を活かして、開発途上国への支援活動を、JICAと共同で実施する事業です。

開発途上国の人々の生活改善・生計向上に直接役立つ分野で、草の根レベルのきめ細やかな支援を行うため、現地への専門家派遣による技術指導、日本での研修員受け入れなど、北海道の「地域」と「草の根」の特色を活かした活動を、3つのタイプの草の根技術協力事業で実施しています。

草の根協力支援型 草の根パートナー型 地域活性型
対象となる団体 国内外での活動実績を2年以上有する団体 開発途上国・地域への支援活動経験を2年以上有する法人 地方自治体、自治体と連携する団体(申請は自治体)
事業内容 3年以内で事業費総額1,000万円以内の事業 5年以内で事業費総額1億円以内の事業 3年以内で事業費総額6,000万円以内の事業
お問い合わせ先
JICA北海道(札幌) 市民参加協力課
電話番号:011-866-8421
ファックス:011-866-8382

ご相談の際は、「事業アイディア相談」フォーマットをご活用ください。

実施事例

実施事例は以下のリンク先からご覧ください。

(注)リンク先にある一覧表の「JICA担当機関」欄から拠点名を選択することで拠点ごとに抽出が可能です。

NGO等地域の団体との連携

JICAはNGOや自治体など地域の組織と連携した事業を行っています。
詳細は下記のリンクをご覧ください。

事業マネジメント研修(計画・立案編/モニタリング・評価編)

事業マネジメント研修(計画・立案編・終日1日間・9時30分~18時)

JICAが採用しているProject Cycle Management(PCM)という事業マネジメント手法の考え方を用いて、事業計画の計画・立案ができるようになることを目指します。

札幌:9月6日(日)
JICA北海道(札幌)
北海道札幌市白石区本通16丁目南4-25

事業マネジメント研修(モニタリング・評価編・終日2日間・9時30分~18時)

事業のモニタリング・評価に力点を置き、事業運営ができるようになることを目指します。計画・立案編の受講を必須とはしませんが、計画・立案編の内容に相当する知識・経験があることを求めます。なお2日間の参加ができることが条件です。

札幌:9月7日(月)・8日(火)
JICA北海道(札幌)
北海道札幌市白石区本通16丁目南4-25

参加方法・申込み・問合せ

事業マネジメント研修の概要・カリキュラム