草の根技術協力事業

草の根技術協力事業とは

地方自治体や地域のNGO、大学などが、これまでに培ってきた経験や技術を活かして、開発途上国への支援活動を、JICAと共同で実施する事業です。

開発途上国の人々の生活改善・生計向上に直接役立つ分野で、草の根レベルのきめ細やかな支援を行うため、現地への専門家派遣による技術指導、日本での研修員受け入れなど、北海道の「地域」と「草の根」の特色を活かした活動を、3つのタイプの草の根技術協力事業で実施しています。

草の根協力支援型 草の根パートナー型 地域提案型
対象となる団体 国内外での活動実績を2年以上有する団体 開発途上国・地域への支援活動経験を2年以上有する法人 地方自治体、自治体と連携する団体(申請は自治体)
事業内容 3年以内で事業費総額1,000万円以内の事業 5年以内で事業費総額1億円以内の事業 3年以内で事業費総額3000万円以内の事業。年1回の募集・選考。
JICA北海道(札幌)の「草の根技術協力事業」に関するお問い合わせ
独立行政法人国際協力機構(JICA)北海道国際センター 市民参加協力課
電話番号:011-866-8421
ファックス:011-866-8382

ご相談の際は、「事業アイディア相談」フォーマット(PDF/83KB)(Word/41KB)をご活用ください。

JICA北海道(札幌)の実施事例

JICA北海道(札幌)では下表の案件を実施した実績があります。

地域提案型(地域活性化特別枠・地域経済活性化特別枠を含む)

対象国 案件名 期間 事業提案/実施団体 案件紹介
モンゴル 北海道滝川市発−地方農民の収入向上を目指したアグリビジネス振興プロジェクト(高付加価値作物の生産と新しい農産加工品開発) 2016〜
2019年度
(一社)滝川国際交流協会 【画像】「草の根の活動を伝える特集記事」へのリンク
モンゴル ウランバートル市送配水機能改善協力事業 2015〜
2018年度
札幌市水道局/(公社)北海道国際交流・協力総合センター
モンゴル 寒冷地における道路工事の品質確保プロジェクト(終了) 2014年10月〜
2017年3月
旭川市/旭川市国際交流委員会
モンゴル 畜産糞尿利用による循環型農業確立および環境保全事業(終了) 2014年1月〜
2016年12月
新ひだか町/(株)エコ・エネルギーシステム
ベトナム ベトナム・ハノイにおける即戦力IT人材育成のための教育環境強化事業(終了) 2014年1月〜
2016年12月
札幌市/(特非)札幌ITフロント
モンゴル 再生可能エネルギー(地中熱)省エネ施設園芸による野菜生産技術支援事業(終了) 2013年11月〜
2016年10月
北海道/空知エコ普及環づくり協議会 mundi 2015年9月号(PDF/1.73MB)
モンゴル ウランバートル消防技術支援事業(終了) 2013年8月〜
2016年3月
札幌市消防局/ウランバートル消防技術支援事業実行委員会

【画像】「草の根の活動を伝える特集記事」へのリンク

【画像】「草の根の活動を伝える特集記事」へのリンク

モンゴル ウランバートル市植林技術支援事業(終了) 2013年6月〜
2016年3月
北海道/蒼いウランバートル技術支援実行委員会
カンボジア 音楽教育を活用した教員の授業実践力向上プロジェクト(終了) 2011年7月〜
2014年6月
滝川市/滝川国際交流協会

【画像】「草の根の活動を伝える特集記事」へのリンク

モンゴル 寒冷地における都市開発技術改善事業(終了) 2011年6月〜
2014年5月
旭川市/旭川市国際交流委員会

【画像】「草の根の活動を伝える特集記事」へのリンク

mundi 2013年10月号(PDF/1.22MB)

ネパール ネパールにおける薪・灯油代替燃料技術の支援と普及(終了) 2009年7月〜
2012年6月
東川町/NPO法人新エネルギー普及促進協会

【画像】「草の根の活動を伝える特集記事」へのリンク

中国 ハルビン市・寒冷地における省エネ対応住宅改善計画(終了) 2007年度〜
2009年度
旭川市都市建築部
中国 瀋陽市・道路維持管理(終了) 2006年度〜
2008年度
札幌市建設局
ブラジル ブラジル南部リオ・グランデ・ド・スル州のエキノコックス症流行地における感染源動物対策推進事業(終了) 2004年度〜
2008年度
北方圏センター/北海道立衛生研究所
中国 寒冷地における高齢者等対応建築改善計画 (終了) 2004年度〜
2006年度
旭川市国際交流委員会
中国 消防行政(終了) 2003年度〜
2006年度
札幌市消防局
マラウイ 畑作園芸技術普及促進事業(終了) 2003年度〜
2005年度
滝川市/滝川国際交流協会 mundi 2014年10月号(PDF/3.67MB)
インドネシア 農民参加型用水管理システム(終了) 2003年度〜
2004年度
旭川市/旭鷹土地改良区
中国 建設技術(終了) 2003年度 札幌市建設局

支援型

対象国 案件名 期間 事業提案/実施団体 案件紹介
バングラデシュ 口腔衛生指導専門医による地域住民の健康増進事業 2016〜
2019年度
(特非)ジョロナ
ネパール ネパール・サクーにおける農薬の適正使用のための技術指導(終了) 2015年1月〜
2017年3月
農業開発研究会
モンゴル 先天性股関節脱臼ハイリスク児の育児指導(終了) 2014年1月〜
2015年12月
公立大学法人 札幌市立大学
モンゴル モンゴル国寒冷地における建設工事の安全施工管理技術の向上プロジェクト(終了) 2013年11月〜
2016年10月
一般財団法人 北海道技術センター、一般社団法人 北海道建設業協会
ラオス 農民参加型灌漑農業基本技術普及事業(終了) 2013年10月〜
2016年9月
大雪土地改良区
モンゴル モンゴル国バヤンホンゴル県における農業自給体制の実現をめざす農業指導者の育成事業(終了) 2011年6月〜
2014年5月
農業塾 風のがっこう

【画像】「草の根の活動を伝える特集記事」へのリンク

バングラデシュ バングラデシュ国における健康増進のための予防歯科モデル事業(終了) 2009年2月〜
2012年1月
北海道大学大学院歯学研究科

【画像】「草の根の活動を伝える特集記事」へのリンク

フィリピン 聴覚障害教育における聴覚を活用した教育実施体制支援プロジェクト(終了) 2007年12月〜
2010年11月
フィリピン耳の里親会

【画像】「草の根の活動を伝える特集記事」へのリンク

JICA's World 2009年7月号(PDF/502KB)

スリランカ スリランカ国における生活習慣病対策:特に学校保健を活用した健康増進運動の推進に資するメディア戦略(終了) 2006年7月〜
2009年6月
(財)札幌がんセミナー

パートナー型

対象国 案件名 期間 事業提案/実施団体 案件紹介
ウガンダ ムバララ県安全な牛乳生産支援プロジェクト 2016〜
2019年度
(学)酪農学園 メディア報道(外部サイト:YouTube)
フィジー フィジー共和国レブカ地域におけるコミュニティを基盤とした遺産管理と観光開発のシステム構築 2014年7月〜
2017年7月
国立大学法人 北海道大学 観光学高等研究センター mundi 2015年3月号(PDF/1.33MB)
サモア 初等理数科教育における問題解決型授業の展開(終了) 2014年4月〜
2017年3月
国立大学法人 北海道教育大学

【画像】「草の根の活動を伝える特集記事」へのリンク

マレーシア キナバタンガン川下流域の生物多様性保全のための住民参加型村おこしプロジェクト(終了) 2012年8月〜
2016年7月
学校法人 酪農学園

【画像】「草の根の活動を伝える特集記事」へのリンク

【画像】「草の根の活動を伝える特集記事」へのリンク

NGO等地域の団体との連携

JICAはNGOや自治体など地域の組織と連携した事業を行っています。
詳細は下記のリンクをご覧ください。

事業マネジメント研修(基礎編・実用編)

NGO・NPO、各種団体、自治体、教育機関の方々を対象とし、開発協力または日本国内での開発教育・国際理解教育などの活動に必要な組織運営や事業実施のノウハウを学ぶ研修です。

事業マネジメント研修(基礎編・終日1日間・9時30分〜18時)

JICAが採用しているProject Cycle Management(PCM)という事業マネジメント手法の考え方を用いて、事業計画の計画・立案ができるようになることを目指します。

札幌:9月19日(火)
JICA北海道(札幌)
北海道札幌市白石区本通16丁目南4-25

函館:9月21日(木)
北海道国際交流センター(HIF)
北海度函館市元町14-1

事業マネジメント研修(実用編・終日2日間・9時30分〜18時)

基礎編の応用編で、特に事業のモニタリング・評価に力点を置き、事業運営ができるようになることを目指します。基礎編の受講を必須とはしませんが、基礎編の内容に相当する知識・経験があることを求めます。なお2日間の参加ができることが条件です。

札幌:11月1日・2日(水・木)
JICA北海道(札幌)
北海道札幌市白石区本通16丁目南4-25

参加方法・申込み・問合せ

所定の受講申込書に必要事項を記入し、申込先までメール送付ください。
基礎編の締切は2017年9月7日(木)、実用編の締切は9月20日(水)です。

JICA北海道(札幌)市民参加協力課
Eメール:hkictpp@jica.go.jp
電話番号:011-866-8421

交通費・宿泊費の補助

片道移動距離が100kmを超える参加者に対して、必要に応じ各団体につき1名分の交通費・宿泊費の補助をします。詳細につきましては、JICA北海道(札幌)市民参加協力課までお問い合わせください。

昨年度の研修の様子はこちら

事業マネジメント研修の概要・カリキュラム