民間連携事業−企業の皆さんへ−

昨今、途上国の経済成長と持続的な社会発展・貧困削減における民間企業や民間資金の重要性は増すばかりです。我が国も環境・気候変動、食料、資源などグローバルな問題に直面していますが、これらの問題を解決するには民間セクターの役割が決定的な重要性を持つといっても過言ではありません。

JICAは、国内14か所、海外約100か所の拠点を有し、現在150以上の国・地域でODA事業を展開しています。ODA事業を通じて蓄積した海外の現地情報や豊富なネットワークを生かし、JICAは開発途上国への海外展開をご検討される企業の皆様を支援します。

【本件に関する問い合わせ先】
独立行政法人国際協力機構 東北支部 高橋
電話番号:022-223-4772
ファックス:022-227-3090

民間連携ボランティア制度

青年海外協力隊などJICAボランティアは、開発途上国での活動を通じて現地の方々と共に働いたり、生活したりすることで、高いコミュニケーション能力、創意工夫・企画力、グローバルな視野などの能力を身につけることができ、帰国後は「グローバル人材」と高く評価され、現在多くの企業や自治体で採用の幅が広がっております。

また、若手社員や管理職の育成のためにJICAボランティアへの参加を検討している企業様からの問い合わせが増えており、JICAでは、このようなニーズにこたえるよう、グローバル人材の育成に貢献するプログラム「民間連携ボランティア制度」を整備しています。

民間連携ボランティア制度による派遣は、各企業のニーズに合わせ、受入国や要請内容、職種、派遣期間などをオーダーメイドすることが可能です。これから事業展開を検討している国へ派遣し、活動を通じて、現地語、文化、商習慣、技術レベル、各種ニーズ等を把握したり、ネットワークを作ったりすることが可能です。詳しくは、当支部 ボランティア事業担当までお問合せください。