開発教育支援事業

JICAでは、(1)日本社会に対する開発途上国に関する「知見の還元」、(2)自分に何ができるかを「考える機会の提供」、および(3)地域での開発教育推進のための「橋渡し役」の3点に重点を置き、開発教育/国際理解教育の支援を実施しています。

JICA東京の開発教育支援プログラム

国際協力出前講座

開発途上国の実情や日本との関係、国際協力について、JICAボランティア経験者などを講師として紹介します。総合的な学習の時間・各教科や特別活動での国際理解教育、教員やPTA、自治体などの研修でご活用ください。

授業力アップセミナー

学校での出前講座講師を務めるJICAボランティア関係者やNGO・NPOの方を対象に、出前講座・授業の質の向上を目的としたセミナーを実施しています。国際理解教育や開発教育にご関心のある先生方もご参加いただけます。

教師海外研修

国際理解教育・開発教育に関心を持つ教員を対象に、実際に開発途上国を訪問することで、途上国が置かれている現状や国際協力の活動、途上国と日本との関係に対する理解を深め、その成果を次代を担う児童・生徒の教育に役立てていただいています。

海外の事業現場訪問

スタディーツアーなどで在外のJICA事業現場への訪問のご相談を受けています。在外事業訪問の前に、国際協力ならびに訪問予定国に関する事前学習として、国際協力出前講座地球ひろば訪問のご利用を推奨いたします。

JICAの開発教育支援プログラム

国際協力中学生・高校生エッセイコンテスト

【画像】

次の世代を担う中学生・高校生を対象に、開発途上国の現状や開発途上国と日本との関係について理解を深め、国際社会の中で日本、そして自分たち一人ひとりがどのように行動すべきかを考えることを目的として実施しています。

JICA地球ひろばのホームページにジャンプします。

JICA地球ひろば 訪問プログラム

【画像】

JICA地球ひろばでは、総合学習などの時間に開発途上国や国際協力について学習をしている学校の社会見学や、修学旅行、その他グループでの学習プログラムに対応した、受入プログラム(無料/要予約)をご用意しています。

JICA地球ひろばのホームページにジャンプします。

世界の笑顔のためにプログラム

【画像】

開発途上国で必要とされている、スポーツ、文化、教育、福祉などの関連物品のご提供者を、日本国内で募集し、JICAが派遣中のボランティアを通じ、世界各地へ届けるプログラムです。