本邦研修

日本国内を舞台とする技術協力です

研修員受入事業は、日本国内を舞台とする技術協力の形態です。

日本の社会は、日本の既存文化を踏まえつつ、外来の知識や技術を取捨選択し応用することで独自の発展を遂げてきました。こうした日本ならではの経験を伝えるためには、日本人を開発途上国に派遣するよりも、開発途上国の関係者に日本に来てもらい、実際に日本の社会や組織に身を置いて学ぶことの方が効果的である場合が少なくありません。

本邦研修では毎年約1万人の研修員を受け入れています。研修員の大半は、政府や公共団体の関係者ですが、近年はNGO関係者も増えています。一方、受け入れる日本側においては、国、自治体、大学、公益法人、民間企業、NGOなど多方面の協力を得て、先端技術から村おこしのノウハウまで、あらゆるテーマに対応できる体制を整えています。こうした規模と「品揃え」の豊富さの点で、JICAの研修員受入事業は世界的にも類例がなく、日本の国際協力の大きな特徴の一つとなっています。

研修員受入事業の概要を説明した映像はこちらからご覧になれます。

多様な受入形態

研修員受入事業は、日本側から途上国に提案し要請を得て実施する「課題別研修」、途上国の個別の具体的な要請に基づき実施する「国別研修」、そして次世代を担う若手リーダーの育成に焦点を絞った「青年研修」の三本柱で構成されています。

研修員受入事業の主な形態と受入人数(2018年度)

【画像】

関連ガイドライン