アンゴラ

アンゴラは、2002年の内戦終結以降、石油、ダイヤモンド等の輸出を背景に、高い経済成長を維持し、独立後27年間に及んだ内戦で荒廃した社会経済の復興・開発を急速に進めています。石油については、サブサハラ最大規模の産油国となる一方、農業、漁業、鉱業においても高いポテンシャルを有すると言われています。政府は、石油依存型経済から脱却を図るべく、これらポテンシャルの開発を進め、非石油セクターの育成に取り組んでいます。JICAは(1)経済開発(人材育成、基礎インフラ、農業)、(2)平和の定着、(3)人間の安全保障(保健)を重点分野として支援しています。

事務所情報

南アフリカ共和国事務所
JICA SOUTH AFRICA OFFICE

アンゴラは、被兼轄国として南アフリカ共和国事務所により所管されています。

更新情報

2017年4月14日
フィールドオフィスについてを更新。

ピックアップニュース

インフォメーション

活動紹介

アンゴラでのJICAの活動に関する情報を紹介します。

協力実績

これまでのアンゴラに対する協力の統計をご覧いただけます。

資料・報告書

アンゴラのプロジェクトに関する資料・報告書をご覧いただけます。