研修の現場から

日本で行われるの研修の様子をお届けします。
JICAは、講義・視察・実習等の様々な形態を通じて、知識と技術の共有のみではなく、日本や研修参加国間の理解促進も目指した研修を実施しています。

2019年度

3月

3月16日
長期研修員の地域理解プログラム「関西企業の発展から学ぶ」を実施しました

2月

2月18日
中東・アジアのごみ担当行政官が、SDGsからごみ問題を考えるワークショップを実施

1月

1月17日
災害の教訓を分かち合ってくださった皆さまへ

12月

12月19日
長期研修員が琵琶湖をめぐる開発の歴史と教訓を学びました!
12月12日
「阪神・淡路大震災」25年を迎えて

8月

8月30日
廃棄物管理研修コース、本邦研修の前にブラジルで補完研修を実施 -現地からのレポート-

7月

7月4日
【Interview with Female Engineers from Uganda and Japan】Report from the Knowledge Co-creation Program (KCCP) on Power Grid Planning & Operation 2019

6月

6月17日
【途上国・日本の電力分野で活躍する女性を紹介】電力系統の研修から
6月11日
廃棄物管理技術(基本、技術編)A研修員が水俣条約に関する国際ワークショップにオブザーバー参加

2018年度

3月

3月7日
日系研修 日本の洋菓子をブラジルに伝えたい

1月

1月31日
HAT神戸連携防災イベント「イザ!美かえる大キャラバン!2019」大盛況のうちに終了しました

10月

10月1日
「京都する(DO YOU KYOTO)」企業を研修員が訪問