課題別・国別研修

【写真】

JICA関西で行う研修分野は、関西地域の社会・経済・文化の特色を生かしたものです。(1)中小企業・裾野産業育成や太陽光発電技術育成(2)阪神・淡路大震災の教訓を活かした防災分野(3)廃棄物処理や水質保全などの環境分野のほか、観光インフラ・保健医療・教育などに至るまで、多岐にわたっています。研修の対象は、開発途上国の中核的な行政官・技術者・研究者です。

これらに参加する研修員は、数週間から数か月間滞在し、JICA関西または各研修機関で研修を受けます。

研修には、以下の型(タイプ)があります。

課題別研修

1.集団コース
開発途上国が共通に直面している課題を解決するためのコースです。開発途上国の行政官や技術者を募集し、日本で知識・技術を習得するほか、参加者同士で知識や経験を共有します。一般的な研修期間は、個々の研修によりますが、1か月程度です。
2.地域別コース
基本的には、「集団」と同じですが、途上国の中でも発展段階の近い国をグループにすることにより、それぞれの国の事情により合致した研修内容としています。また、フランス語圏(西アフリカ)やスペイン語圏(中南米)などの国が集まると、講義やテキストは英語でなく、彼らの公用語のフランス語やスペイン語とすることができるため、研修の効率が上がります。

国別研修

1.国別コース
JICAが途上国で実施するプロジェクトの一部として行うなど、特定の国の要望に応えるために企画したコースです。数人以上がまとまって来日する場合もあります。
2.長期コース
1年以上滞在する研修員を長期研修員と呼んでいます。主に、高等教育支援や科学技術協力の一環として、大学の修士課程や博士課程に在籍しています。

研修コース一覧

JICA関西
JICA大阪 (注)
JICA兵庫 (注)

(注)2011年度まで、JICA関西はJICA大阪とJICA兵庫として別々に業務を行っていました。