JICA山梨デスク

JICA横浜センターは、山梨県の自治体、大学、団体、企業や市民の方々からのご協力を得ながら、途上国の課題解決に向けて、研修員受入れ、草の根技術協力事業、中小企業海外展開支援、開発教育支援などの事業を展開し、これらの活動を通じて、地域の振興や国際化に貢献できるよう推進しています。
センターを置かない山梨県には、山梨デスクとして国際協力推進員を配置するとともに、原則毎月第3木曜日に中小企業様や中小企業支援機関の皆様向けの海外展開相談室を開催しています。

JICA山梨デスク 国際協力推進員からの自己紹介

氏名
穂坂 ちひろ
配属先
(公財)山梨県国際交流協会
〒400-0035 山梨県甲府市飯田2-2-3 (公財)山梨県国際交流協会内
電話番号:055-228-5419
FAX:055-228-5473
Eメール:jicadpd-desk-yamanashiken@jica.go.jp
推進員から一言
【画像】

巡回先での訓練の様子

こんにちは。2018年12月よりJICA山梨デスクに着任しました穂坂ちひろです。
私は2018年10月まで青年海外協力隊として、スリランカで活動していました。私が2年間過ごしたスリランカは、インド洋に浮かぶ小さな島国です。スリランカという国名は、公用語であるシンハラ語で“光り輝く島”という意味を持つそうで、その名の通り自然が豊富でとても美しい国です。私は地域を巡回する理学療法士として、障害のある子どもたちや高齢者に携わっていました。私自身も現地の人に支えられながら、充実した2年間を送ることが出来ました。

2年間冬のないスリランカで過ごしたので山梨の寒さは身に凍みますが、帰国後は派遣前には感じなかった日本の丁寧さ、細やかさ、気遣いに日々感動しています。
これからは地域におけるJICA事業の窓口として、自分の生まれ育った山梨県のために頑張っていきたいと思います。国際協力というと自分たちの生活とは少し遠いイメージがあるかもしれませんが、決してそんなことはありません。国際協力やボランティアに興味のある方など、何かありましたらお気軽にご相談ください!どうぞ宜しくお願い致します。

【国際協力推進員って何をする人?】

地域の皆様からの国際協力やJICAボランティア、開発途上国についてのさまざまな質問や疑問、相談に応じるのが国際協力推進員です。国際協力に関心を寄せる方々の身近なサポート役として、また情報発信の担い手として広報活動や情報提供を行うとともに、JICAと自治体、地域のNGO等との連携を推進するためのパイプ役も果たしています。

JICA山梨デスク海外展開相談室のご案内

相談日が毎月第3水曜日から第3木曜日に変わりました!

【画像】

JICA横浜センターは、山梨県内の中小企業の海外展開を支援するために、2017年6月より毎月1回、山梨県立国際交流センター内で相談室を開催しており、2018年6月以降は原則毎月第3木曜日に開催します。

相談室では、JICAの中小企業海外展開支援メニューの紹介セミナー等を開催するとともに、JICA横浜センターの中小企業海外展開支援担当者が、海外展開に関心を持つ中小企業や中小企業支援機関の皆様からの個別相談を実施しております(原則予約制)。

ご利用希望の方は、下記までお気軽にご連絡ください。

独立行政法人 国際協力機構
JICA山梨デスク海外展開相談室(JICA横浜センター 総務課 中小企業海外展開支援担当)
電話番号:045-663-3252
Eメール:yictad@jica.go.jp