JICA山梨デスク

JICA横浜国際センターは、神奈川県と山梨県を所管しています。
センターを置かない山梨県には、山梨デスクとして国際協力推進員を配属しています。

JICA山梨デスク 国際協力推進員からの自己紹介

氏名
オードラン 萌(おーどらん もえ)
配属先
(公財)山梨県国際交流協会
〒400-0035 山梨県甲府市飯田2-2-3 (公財)山梨県国際交流協会内
電話番号:055-228-5419
FAX:055-228-5473
Eメール:yamanashiken-desk_Audrain@friends.jica.go.jp
推進員から一言
【画像】
こんにちは!
2016年1月より山梨デスクにて国際協力推進員として働いています、オードラン萌といいます。夫がフランス人なので「オードラン」ですが、旧姓は「渡邊」、山梨で生まれた山梨県人です。
2006年から2年間、青年海外協力隊として中米のニカラグアという国へ派遣され、小学校教諭として地元の先生たちと一緒に小学校で活動しました。(ニカラグアは私の第2の故郷になりました!)
帰国後は、山梨で小学校教諭として働いたり、世界を放浪したり、日本中を転々としたり、様々な場所で、様々な仕事をし、たくさんの経験をしました。そして今、縁あって生まれ育った山梨でJICA山梨デスクとして働けること、とても嬉しく思っています。これまでのたくさんの出逢いを活かしながら、山梨で「世界への扉」を多くの人たちと一緒に開けていきたいです。
「国際協力」というと敷居が高そうですが、意外に身近な場所に「国際協力」への鍵は眠っていると思います。一緒におしゃべりしていたら、知らぬ間に「世界」へ近づいた!なんてこともあるはず。ぜひ、気軽に声をかけてください。

国際協力推進員って何をする人?

地域の皆様からの国際協力やJICAボランティア、開発途上国についてのさまざまな質問や疑問、相談に応じるのが国際協力推進員です。国際協力に関心を寄せる方々の身近なサポート役として、また情報発信の担い手として広報活動や情報提供を行うとともに、JICAと自治体、地域のNGO等との連携を推進するためのパイプ役も果たしています。