【画像】「JICAと横浜市 アフリカとともに未来へ」取組事例紹介ムービー

一般来訪者の施設ご利用の一時停止について(2020年3月19日更新)

【画像】【画像】

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、2020年3月20日よりJICA横浜へのご入館・施設ご利用を当面の間停止させていただきます(レストランを含む)。
ご不便をお掛けしますが、ご理解ご協力の程、宜しくお願いいたします。

新着記事

ハマとぴ(JICA横浜 トピックス)

【画像】

【神奈川発!】日本も元気にするJICA海外協力隊④
きっかけは、ゴミだらけの「南の島」に衝撃を受けたことでした。青年海外協力隊の環境教育隊員として、オセアニアのマーシャル諸島で廃棄物や自然保護に関する啓発活動に携わった松宮愛さんへのインタビューを紹介します。
[2020年4月2日]

【画像】

【神奈川発!】日本も元気にするJICA海外協力隊③
青年海外協力隊の村落開発普及員(現コミュニティ開発)として、オセアニアの島国バヌアツで漁民の収入向上、女性の雇用創出、水産資源の管理などに携わった栢之間和弘(かやのまかずひろ)さんへのインタビューを紹介します。 [2020年3月27日]

【画像】

【神奈川発!】日本も元気にするJICA海外協力隊②
「今日も明日も現場にいたい」、その理由とは?青年海外協力隊の村落開発普及員(現コミュニティ開発)としてフィリピンで活動した中島千裕さんへのインタビューを紹介します。 [2020年3月24日]

【画像】

【実施報告】2017年度課題別研修の帰国研修員が同僚とともに2年後に再来日、自主研修を実施しました
障害のある子どもたちの教育に携わる同僚教員ら11名とともに自費で再来日し、日本の取り組みを視察しました。 [2020年3月18日]

イベント情報

3月24日現在未定
【開催延期】【海外移住資料館】企画展示「くまモンと学ぼう!熊本移民の歴史と活躍 —こぎゃんすごか、わさもんと肥後もっこす—」

更新情報RSS

3月27日
【神奈川発!】日本も元気にするJICA海外協力隊③「日本の技術に誇り いい提案をして世界の人たちを笑顔に」
3月24日
【神奈川発!】日本も元気にするJICA海外協力隊②「日本の優れた技術を海外へ 今日も明日も現場にいたい」
3月18日
【実施報告】2017年度課題別研修の帰国研修員が同僚とともに2年後に再来日、自主研修を実施しました
3月12日
「第9回中南米日系社会との連携調査団」レポート ~神奈川県より2社が参加~
3月10日
【イベント報告:山梨県】2017年度3次隊 帰国報告会を開催しました。
3月5日
【実施報告:山梨県】2019年度JICA教師海外研修山梨報告会を開催しました

JICA横浜

日本の元気を世界の元気に 世界の元気を日本の元気に

【画像】JICA横浜

拠点情報

住所
〒231-0001 神奈川県横浜市中区新港2-3-1
電話番号
045-663-3251(代表)
アクセス
JR桜木町駅 徒歩15分
馬車道駅(みなとみらい線) 徒歩8分
桜木町駅からバス「ピアライン」でハンマーヘッド他下車 徒歩2分

お問い合わせ

(一時閉館中)港が見えるレストラン Port Terrace Cafe【3F】

【画像】(一時閉館中)港が見えるレストラン Port Terrace Cafe【3F】

みなとみらいの景色を眺めながら、国際色豊かな料理をお楽しみください。フェアトレードコーナーも充実。どなたでもご利用になれます。

(一時閉館中)海外移住資料館【2F】

【画像】(一時閉館中)海外移住資料館【2F】

今日本人の海外移住は100年以上の歴史があり、現在の世界各地の日系人は約290万人以上と推定されます。新天地でたくましく生きた移住者の足跡と日系社会の歴史を、展示や学習教材の提供を通じて今後も多くの人々に伝えていきます。

(一時閉館中)ライブラリー【2F】

【画像】(一時閉館中)ライブラリー【2F】

「国際協力や開発教育に関する図書と映像資料(あわせて約10,000点)を所蔵しています。JICA発行の報告書や開発途上国各国の情報も取り揃えており、国際協力に関心をお持ちの市民、学生、教育関係者のみなさまに情報を提供いたします。

所管地域の情報

所管地域の地図 山梨県

所管地域:
神奈川県・山梨県
(注)日系研修員受入事業については、茨城県・栃木県・群馬県・埼玉県・千葉県・東京都・新潟県・長野県を併せて所管

オフィシャルメディア

【画像】JICA横浜センター広報誌「ハマとぴ」

JICA横浜センター広報誌「ハマとぴ」

JICA横浜センター広報誌「ハマとぴ」を発行しています。

【画像】JICA横浜サポーターズクラブ