坂元 晴香 SAKAMOTO, Haruka

客員研究員
研究分野・主な研究領域
国際保健・グローバルヘルス、公衆衛生、医療政策
関連研究プロジェクト
【写真】坂元 晴香
研究分野・主な研究領域
国際保健・グローバルヘルス、公衆衛生、医療政策
関連研究プロジェクト

学歴

2008年 札幌医科大学医学部医学科卒業
2015年 ハーバード公衆衛生大学院卒業(公衆衛生学修士)
2021年 東京大学大学院医学系研究科博士課程後期卒業(国際保健学博士)

職歴

2008年 聖路加国際病院(初期研修医・内科後期研修医)
2011年 厚生労働省大臣官房国際課(〜2013年まで及び2016年)
2016年 東京大学大学院医学系研究科国際保健政策学教室 特任研究員(現在まで)
2019年 WHO西太平洋事務局高齢化ユニットコンサルタント(現在まで)
2021年 東京女子医科大学衛生学公衆衛生学分野准教授(現在まで)

その他、2022年より政策研究大学院シニアフェロー、東京財団主任研究員、日本医療政策機構シニアマネージャー、笹川USAシニアフェローを兼任

主な著作物

1. Sakamoto H , Ishikane M, Ueda P. Seasonal Influenza Activity During the SARS-CoV-2 Outbreak in Japan. JAMA, 2020 Apr 10. 323(19), 1969-1971.

2. Sakamoto H , Ghaznavi C, Shibuya K. Country Chapter 7 - Japan. In Legido-Quigley H, Asgari-Jirhandeh N, editors. Resilient and people-centred health systems: Progress, challenges and future directions in Asia. New Delhi: World Health Organization, Regional Office for South-East Asia, 2018.

3. Sakamoto H , Lee S, Ishizuka A, Hinoshita E, Hori H, Ishibashi N, Komada K, Norizuki M, Katsuma Y, Akashi H, Shibuya K. Challenges and opportunities for eliminating tuberculosis - leveraging political momentum of the UN high-level meeting on tuberculosis. BMC Public Health. 2019;19:76.

4. Sakamoto H , Ezoe S, Hara K, Hinoshita E, Sekitani Y et al. Japan’s contribution to making global health architecture a top political agenda by leveraging the G7 presidency. Journal of Global Health, 2018;8(2)

5. Sakamoto H , Ezoe S, Hara K, Hinoshita E, Sekitani Y et al. Japan’s contribution to universal health coverage: leveraging Japan’s G7 presidency to advance global health. Bull World Health Organ 2018; 96(5): 355-9.

6. Sakamoto H , Rahman MM, Nomura S, Okamoto E, Koike S et al. Japan Health System Review. Vol. 8 No. 1. New Delhi: World Health Organization, Regional Office for South-East Asia, 2018

所属学会他

国際保健医療学会、内科学会、公衆衛生学学会、疫学会

関連研究プロジェクト

危機に強い医療提供体制に関する研究
将来的な公衆衛生危機を見据えたIHR(International Health Regulation, 国際保健規則)の見直しに関する研究