タイJICA海外協力隊派遣40周年-Sharing for the best and Growing Together-

2021年、JICAタイ事務所は青年海外協力隊派遣開始(1981年7月)から40周年の節目の年を迎えました。この機会に当事務所では、これまでの両国の発展と信頼構築の歴史を振り返り、タイで活躍した隊員をより多くの方々ご紹介する場をこちらのページに設けたいと思います。

2020年は、新型コロナウィルスによる世界的な感染拡大により、全世界の隊員が一時帰国せざるを得ない状況となりました。大変残念なことに、現在もこの影響は継続しており、タイにおいても例外ではなく、現在も予断を許さない状況です。

本来であれば、タイで活動する隊員とともに、多くの関係者の皆様に式典をはじめとした感謝の意を伝える機会を持ちたいところではありますが、残念ながら現状では物理的な接触は限定的とならざるを得ません。しかし、コロナ禍において強化されたオンラインツールやインターネットの活用した広報の機会を通じて、関係者の皆様に感謝をお伝えする機会となればと願っています。

タイで隊員たちが活動する日が早く訪れ、タイの人たちと共に歩む未来と更なる飛躍を、皆様と共に今後も築ければ幸いです。

2021年7月 JICAタイ事務所

【画像】

その2:青年海外協力隊事務局長挨拶

【画像】

その3:タイ協力隊事業、40年の歴史を振り返って

【画像】

その4:タイJICA海外協力隊派遣40周年記念OV+配属先リレーメッセージ

累計1,077名の派遣者数に達したタイでのJICA海外協力隊事業。それぞれの隊員が築いてきた配属先やタイの方々との関係は、現在の両国関係と同じように深く信頼に満ちたものです。それは一日で培われるものではなく、異なる価値観や背景を受け入れ、向き合い続けた長い期間があるからこそ形を成すものと確信しています。

タイJICA海外協力隊事業40周年を記念し、帰国隊員の皆さん、そして配属先の同僚の方々より、当時の活動の様子や協力隊員が残したもの、これからの両国関係への想い等を伺いました。何を感じ、何に気づき、どんな学びを得ながらタイでの日々を過ごしたのか、そして、配属先の皆さんは、協力隊員から何を見たのか。ぜひそれぞれのメッセージに触れていただければ幸いです。