JICA緒方研究所

研究活動紹介

アフリカにおけるデータ活用実証研究

本研究では、データを活用してアフリカの開発にとって有効なアプローチを実証することを目的としています。

JICAがこれまでに蓄積してきた既存データを活用し分析することでJICA事業の成果発信を行うと共に、JICA事業と関連の深い制度・政策について、JICAの現場におけるネットワークを活用することでデータ収集を行い政策提言を行います。分析方法としては計量経済学的な手法を用い、研究対象分野は特に限定せず実証分析可能なデータを優先して研究を進めます。既存データとしては、ザンビアの給水、モロッコ地方道路など、過去にJICAが取得したインパクト評価調査のデータを対象とし、これまでに本研究における論文などの出版物が発刊されています。

この他、他事業と連携し、イラクにおけるプログラミング教育に関する調査など、アフリカ以外の地域における教育分野の介入効果についても、新規のデータ収集を行っています。

ページの先頭へ