【画像】【JICA東北 短期ボランティア】

【画像】【JICA東北 Facebook】

【画像】【JICA東北 復興支援事業】

新着記事

新着トピックス

【画像】

【岩手県】盛岡大学でJICAボランティアセミナーを開催しました
2018年5月24日(木)、盛岡大学の地域連携センターのご協力ををいただき、同大学でJICAボランテイアセミナーを開催しました。 [2018年6月15日]

【画像】

【民間連携事業】ベトナム研修員から震災復興義援金-東北企業との取引拡大に向けた機運高まる
2018年6月11日、中小機構東北、七十七銀行、宮城県日越交流協会との共催により、仙台市において「ベトナム企業・東北企業経営者交流会」を開催しました。 [2018年6月13日]

【画像】

【草の根技術協力事業】フィリピン・台風ヨランダ被災漁村からの研修受入れ:カキ養殖の現地視察(宮城県)
2018年3月7日宮城県東松島市と石巻市で、フィリピンからの研修員がカキ養殖の現地視察を行いました。 [2018年5月24日]

【画像】

【山形県】「体験!実践!国際理解実践フォーラム2017~山形から世界を見てみよう!~」の報告書が完成しました
2017年11月18日(土)山形県の霞城セントラルで、14回目となる「体験!実践!国際理解実践フォーラム2017~山形から世界を見てみよう!~」を開催しました。 [2018年5月7日]

【画像】

【山形県】JICA国際協力中学生・高校生エッセイコンテスト2017表彰式&青年海外協力隊帰国報告会を開催しました
3月24日(土)山形市の霞城セントラル2F山形県国際交流センターにて「JICA国際協力中学生・高校生エッセイコンテスト2017表彰式&青年海外協力隊帰国報告会」を開催しました。 [2018年4月23日]

イベント情報

7月31日・8月1日・8月3日
【民間連携事業】JICA開発途上国課題発信セミナーのご案内(申込締切:7月24日締切)
8月1日・8月3日・8月20日
【民間連携事業】JICA企業提案型事業(中小企業海外展開支援事業・民間連携事業)新制度説明会のご案内(申込締切:7/27(金)17:00)
8月4日14時00分から16時00分
【山形県】『JICAfe東北inやまがた 「中国・インドネシアからの研修員と交流すっべ!~国際協力を通じた交流~第1回 中国・黒龍江省編』を開催します。
9月1日から9月8日
【民間連携事業】インド・ビジネス・キャンプのご案内(6月29日締切)
9月22日10時00分から12時00分
【山形県】『JICAfe東北inやまがた 「中国・インドネシアからの研修員と交流すっべ!~国際協力を通じた交流~第2回 インドネシア・パプア州編』を開催します。
11月23日から12月9日
【民間連携事業】「中南米日系社会との連携調査団(パラグアイ、ペルー派遣)」参加企業募集!!

更新情報RSS

7月19日
【プレスリリース】中米・大洋州諸国のスポーツ指導者ら9名 岩手県久慈市で「第一回あまちゃんカップ」(卓球バレー久慈交流大会2018)に参加
7月18日
【プレスリリース】秋田県出身 青年海外協力隊3名帰国 スーダン、エチオピア、ペルー活動・帰国報告 7月24日秋田県庁 企画振興部 妹尾明部長へ表敬訪問
7月17日
【プレスリリース】青年海外協力隊 篠木さん エチオピア活動、帰国報告 7月23日 安藤羽後町長表敬訪問
7月11日
【プレスリリース】中米・大洋州スポーツ指導者ら9名 福島県で川口ロータリークラブよりボッチャセット寄贈
7月5日
【プレスリリース】スーダンの活動、帰国報告 7月9日鈴木湯沢市長を表敬訪問 青年海外協力隊 大山さん帰国
6月26日
【プレスリリース】医療職の国際貢献について考える 秋田しらかみ看護学院でJICA出前講座実施

JICA東北

みちのくから世界へ!

【画像】JICA東北

拠点情報

住所
〒980-0811 宮城県仙台市青葉区一番町4-6-1 仙台第一生命タワービルディング20階
電話番号
022-223-5151(代表)
アクセス
JR仙台駅より徒歩12分
地下鉄勾当台公園駅 南3番出口より徒歩2分

お問い合わせ

東北出身・JICAボランティアの活動の様子が分かる、写真パネルを展示してます。

【画像】東北出身・JICAボランティアの活動の様子が分かる、写真パネルを展示してます。

現地の人と共にいきいきと活動する姿や、「本人の考えるJICAボランティアの魅力」なども見ることができ、見応えがあります。 個別応募相談も随時受付しておりますので、お気軽にプラザまでお越し下さい!

所管地区の情報

所管地区の地図 秋田県 岩手県 青森県 山形県 宮城県

所管地区:
青森県・岩手県・宮城県・秋田県・山形県
福島県の青年研修を除く技術研修員受入事業、日系研修員受入事業を併せて所管