JICA寄附サイト

JICAでは国際協力にご関心のある市民の皆様、法人・団体の皆様からの寄附金の受付けを行っております。JICAが行う政府開発援助(ODA)は国からの交付金によって実施されますが、加えて、途上国の人びとに直接届く支援を皆様からお預かりした寄附金を財源に実施し、皆様の想いを途上国の人びとに届けたいと考えています。貧困削減を通じた平和で豊かな世界の実現に向け、ともに貢献していただければ幸いです。

JICA寄附サイト

【重要】JICA寄附受付システムが変わりました!

2022年5月よりオンライン募金システムが「Bokinchan」から「キフフォーム」に変わりました!
一部お申込み方法を変更いたしましたので、ご留意ください。
またこれまでありました「JICA基金(アフリカ支援)」は「世界の人びとのためのJICA基金」と統合しましたが、これまでと変わることなくアフリカも含めた全世界で支援を行いますので、ご理解をよろしくお願いいたします。

2022年度「世界の人びとのためのJICA基金活用事業」採択団体が決定しました!

寄附金の流れ

-寄附金の流れ-

ご寄附を検討されている場合、2つの寄附からお選びいただけます。

世界の人びとのためのJICA基金

  1. 皆様からお預かりしました寄附金は、日本国内の特定非営利活動法人もしくは公益法人が実施する開発途上国・地域の人びとの貧困削減や生活改善・向上に貢献する活動を支援するものです。
  2. 毎年、団体から活動提案を募集し、運営委員会にて支援対象を審議します。対象としてる主な分野・課題はこちら
    • 脆弱性の高い人々を対象とした事業(子ども・障害者・高齢者等)
    • 人びとの生計向上・コミュニティ開発に資する事業
    • 人材育成(ノンフォーマル教育、教員養成、教育環境改善、職業訓練等)
    • ジェンダーの主流化・ジェンダーの平等を目指したエンパワメント等
    • 保健医療(栄養改善、感染症対策等)
    • 環境保全の取組み
    • 多文化共生や日本・途上国人材還流の取り組み(日本国内の事業を含む)
    • アフリカ地域を対象とした事業
  3. 実施された事業の活動報告は、JICA基金の寄附サイトで公開しております。

2.野口英世アフリカ賞

  1. 内閣府が賞の実施に関する事務を行い、JICAが寄附金口座の管理業務を担っています。
  2. 3年毎に開催されるアフリカ開発会議(TICAD)の機会に、政府資金と寄附金を合わせた賞金1億円を授与しており2022年のアフリカ開発会議では、以下の方々が第4回野口英世アフリカ賞を受賞しました。

【医学研究分野】
サリム・S・アブドゥル・カリム博士及びカライシャ・アブドゥル・カリム博士(南アフリカ共和国)
科学的に厳密な研究を通じたHIV/エイズ予防・治療への世界的貢献、アフリカ人研究者の育成において果たした役割、及び新型コロナウイルス感染症対策における確固たる科学的リーダーシップの功績に対し授与。

【医療活動分野】
ギニア虫症撲滅プログラム(カーターセンターとアフリカ関係者のパートナーシップ)
カーターセンターの主導の下、アフリカの保健省、地域コミュニティ、非政府組織(NGO)、及び世界保健機関(WHO)や米国疾病予防管理センター(CDC)等の主要パートナーとの協力により、ギニア虫症をほぼ撲滅させたその功績により、ギニア虫症撲滅プログラムに対し授与。

JICAの寄附事業

JICAの寄附事業には以下のメニューがあります。JICAへの寄金は税制上の優遇措置の対象となります。

世界の人びとのためのJICA基金

貧困や飢餓に苦しむ途上国の人びとを直接支援するための寄のお願いです。

世界の人びとのためのJICA基金

野口英世アフリカ賞基金

日本国政府が創設した野口英世アフリカ賞での副賞授与を通じて、アフリカの医療向上に寄与された方を支援するための寄のお願いです。

野口英世アフリカ賞基金

寄附に関するご説明

お電話での寄附のお申し込みやお問い合わせについては、フリーコール0800-100-5931(受付時間:平日10:00〜12:30、13:30〜17:00)または、国内事業部市民参加推進課03-5226-8789まで、お気軽にお問い合わせください。

なお、JICAでは皆様のご家庭や団体事務所をお訪ねして、または街頭での現金による寄附のお願いは行っておりません。また、お電話等で銀行口座に寄附金のお振込みをお願いすることもありませんので、くれぐれもご注意願います。