【画像】9/28まで掲載(まもなく秋募集開始)

【画像】【JICA東北 Facebook】

【画像】【JICA東北 復興支援事業】

【宮城県】『平成29年度地域国際化ステップアップセミナー in TOHOKU(仙台市)』のご案内

【画像】【画像】

本セミナーでは、復興/地域活性化と国際社会の課題解決を共に考え、地域のブランド化促進を目指す機会とします。

新着記事

新着トピックス

【画像】

【山形県】「インドネシア・パプア州における大豆生産技術向上支援事業(草の根技術協力)」の本邦研修が始まりました。(2017年8月)
8月末、『パプア州食用作物園芸局職員が、大豆栽培に係る知識・技術やパプア州の環境に適した大豆の品種選定方法を習得し、パプア州の大豆収量増大技術が向上すること』を目的に、パプア州から3人の研修員が来県しました。 [2017年9月5日]

【画像】

【宮城県】宮城大学のABEイニシアティブプログラム長期研修員にインタビューをしました(2017年8月)
8月28日から一週間、宮城大学よりJICA東北におけるインターンシップに参加している2名の学生が、ABEイニシアティブ(注1)を通じて宮城大学に留学している長期研修員3名にインタビューをしました。 [2017年9月1日]

【画像】

【岩手県】「第54回全国国際教育研究大会 岩手大会」が開催されました
2017年8月8日及び9日の両日、花巻温泉ホテル千秋閣にて、全国国際教育研究協議会が主催し、JICAも共催している「第54回全国国際教育研究大会」が開催されました。 [2017年9月1日]

【画像】

【青森県】弘前大学で貿易ゲームを実施しました。(2017年7月)
7月18日(月)、弘前大学 農学生命科学部の学生24名を対象に、山形県にある認定NPO法人IVY(外務省NGO相談員)安達事務局長を講師として、貿易ゲームを行いました。 [2017年8月15日]

【画像】

【JICAボランティア〜それぞれの帰国後〜】まずは、「やってみなはれ!」
協力隊への応募のきっかけは、ふと目にした車内広告でした。日頃は車での移動だったのですが、その日はたまたま電車で移動をしていました。 [2017年8月14日]

イベント情報

9月22日
【宮城県】『平成29年度地域国際化ステップアップセミナー in TOHOKU(仙台市)』のご案内
9月24日
【山形県】『JICAfe東北inやまがた 「身近な国際協力〜中国・インドネシアを知ってみよう!〜第2回 インドネシア・パプア州編」を開催します。
11月25日から11月26日(日)
【開発教育支援事業】2017年度JICA東北 高校生国際協力実体験プログラム 参加校募集!!

更新情報RSS

9月12日
【プレスリリース】青年海外協力隊3名が出発表敬 野菜栽培、料理、保健師 知識と経験を活かして世界各地へ 新しいウインドウで開きます
9月12日
【プレスリリース】宮城県の4名 青年海外協力隊などでアジア、アフリカ、中米へ出発 自身の知識や技術を途上国で生かしたい 新しいウインドウで開きます
9月5日
【山形県】「インドネシア・パプア州における大豆生産技術向上支援事業(草の根技術協力)」の本邦研修が始まりました。(2017年8月)
9月1日
【宮城県】宮城大学のABEイニシアティブプログラム長期研修員にインタビューをしました(2017年8月)
9月1日
【JICAボランティア】2017年度秋募集 各県の「体験談&説明会」
9月1日
【岩手県】「第54回全国国際教育研究大会 岩手大会」が開催されました

JICA東北

みちのくから世界へ!

【画像】JICA東北

拠点情報

住所
〒980-0811 宮城県仙台市青葉区一番町4-6-1 仙台第一生命タワービル20階
電話番号
022-223-5151(代表)
アクセス
JR仙台駅より徒歩12分
地下鉄勾当台公園駅 南3番出口より徒歩2分

お問い合わせ

東北出身・JICAボランティアの活動の様子が分かる、写真パネルを展示してます。

【画像】東北出身・JICAボランティアの活動の様子が分かる、写真パネルを展示してます。

現地の人と共にいきいきと活動する姿や、「本人の考えるJICAボランティアの魅力」なども見ることができ、見応えがあります。 個別応募相談も随時受付しておりますので、お気軽にプラザまでお越し下さい!

所管地区の情報

所管地区の地図 秋田県 岩手県 青森県 山形県 宮城県

所管地区:
青森県・岩手県・宮城県・秋田県・山形県
福島県の青年研修を除く技術研修員受入事業、日系研修員受入事業を併せて所管