【画像】復興支援事業

【JICAボランティア〜それぞれの帰国後〜】協力隊はゴールではなく、新たなスタート!

【画像】【画像】

「障がいのある子どもたちと一緒に泣いたり笑ったりしたい」という思いが協力隊への応募のきっかけでした。テレビで途上国の子どもたちの様子を見て募金をするなど、幼い頃から国際協力に関心を持っていましたが、青年海外協力隊は井戸掘りのイメージが強く、まさか自分が参加しようとは思ってもみませんでした。

新着記事

新着トピックス

【画像】

【JICAボランティア〜それぞれの帰国後〜】協力隊はゴールではなく、新たなスタート!
「障がいのある子どもたちと一緒に泣いたり笑ったりしたい」という思いが協力隊への応募のきっかけでした [2017年1月12日]

【画像】

【宮城県】2016年度教師海外研修派遣者による実践授業が登米市立米谷小学校で行われました(2016年12月)
12月1日(木)、2016年度教師海外研修でパラグアイを訪問した登米市立米谷小学校の阿部亘平教諭が、学活の時間を使い「世界の友達とつながろう」をテーマに、同校2学年(19名)に対して実践授業を行いました。 [2017年1月11日]

【画像】

【宮城県】第63回 国際理解・国際協力のための高校生の主張コンクール中央大会にて、仙台二華高等学校(2年)西貝 茂辰さんが特賞「文部科学大臣賞」を受賞しました!
宮城県予選で宮城県知事賞を受賞した仙台二華高等学校(2年)の西貝茂辰さんは、各県代表24名と、第63回「国際理解・国際協力のための高校生の主張コンクール中央大会(主催:外務省、(公財)日本国際連合協会)に出場し、「文部科学大臣賞」を受賞されました。 [2017年1月10日]

【画像】

【宮城県】2016年度教師海外研修派遣者による実践授業が宮城県立船岡支援学校で行われました(2016年12月)
12月7日(水)、2016年度教師海外研修でパラグアイを訪問した宮城県立船岡支援学校の菅野真理教諭が、総合的な学習の時間を2時間使い、同校高等部3学年(11名)に対して実践授業を行いました。 [2017年1月5日]

【画像】

【秋田県】モンゴル青年研修:再生可能エネルギーコース14名が秋田県で研修を行いました
11月8日から21日まで、モンゴルから来日した14名の研修員を対象に、秋田県内でJICA青年研修再生可能エネルギーコースが行われました。 [2016年12月27日]

イベント情報

1月25日
【宮城県】第27回JICAfe東北 「JICA草の根技術協力 事業完了報告会〜東ティモール 山間部エルメラ県での保健活動奮闘記〜」を開催します
2月4日
【山形県】2016年度(第4回)多文化理解講座 『世界をのぞけば…知ってみよう!イスラムの暮らし〜協力隊が見たシリア〜』を開催します

更新情報RSS

1月16日
【公募】2017年度青年研修「ミャンマー・防災」コース(他8コース)に係る参加意思確認公募について
1月12日
【JICAボランティア〜それぞれの帰国後〜】協力隊はゴールではなく、新たなスタート!
1月11日
【宮城県】2016年度教師海外研修派遣者による実践授業が登米市立米谷小学校で行われました(2016年12月)
1月10日
【宮城県】第63回 国際理解・国際協力のための高校生の主張コンクール中央大会にて、仙台二華高等学校(2年)西貝 茂辰さんが特賞「文部科学大臣賞」を受賞しました!
1月5日
【宮城県】2016年度教師海外研修派遣者による実践授業が宮城県立船岡支援学校で行われました(2016年12月)
12月27日
11月8日から21日まで、モンゴルから来日した14名の研修員を対象に、秋田県内でJICA青年研修再生可能エネルギーコースが行われました。

JICA東北

みちのくから世界へ!

【画像】JICA東北

拠点情報

住所
〒980-0811 宮城県仙台市青葉区一番町4-6-1 仙台第一生命タワービル20階
電話番号
022-223-5151(代表)
アクセス
JR仙台駅より徒歩12分
地下鉄勾当台公園駅 南3番出口より徒歩2分

お問い合わせ

東北出身・JICAボランティアの活動の様子が分かる、写真パネルを展示してます。

【画像】東北出身・JICAボランティアの活動の様子が分かる、写真パネルを展示してます。

現地の人と共にいきいきと活動する姿や、「本人の考えるJICAボランティアの魅力」なども見ることができ、見応えがあります。 個別応募相談も随時受付しておりますので、お気軽にプラザまでお越し下さい!

所管地区の情報

所管地区の地図 秋田県 岩手県 青森県 山形県 宮城県

所管地区:
青森県・岩手県・宮城県・秋田県・山形県
福島県の青年研修を除く技術研修員受入事業、日系研修員受入事業を併せて所管