JICA緒方研究所

出版物

書籍および報告書

JICA緒方研究所レポート「今日の人間の安全保障」創刊号

JICA緒方貞子平和開発研究所(JICA緒方研究所)は、定期刊行のフラグシップ・レポートとして、JICA緒方研究所レポート「今日の人間の安全保障」を創刊しました。本レポートは、人間の安全保障の概念とその実践を多様な切り口で分析・研究し、時代の変化も踏まえた人間の安全保障の今日的意義を世界に発信することを目指しています。

創刊号では、「人間の安全保障を再考する」をテーマに、現在の世界の脅威を俯瞰した上で人間の安全保障の今日的意義と開発協力への示唆を示す論考、人間の安全保障研究の歩みと展望を述べる論考に加えて、今日の人間の安全保障に関する有識者による対談も収録しています。また、「トピックス」として、新型コロナ・パンデミックと人間の安全保障を取り上げ、新型コロナの保健セクターへの影響、コロナ禍を受けたアフリカにおける人間の安全保障をめぐる理解と実践の変化、コロナ禍での移民送金と人間の安全保障等、様々な視点から論じています。さらに、JICA緒方研究所の各研究領域における研究活動を人間の安全保障の切り口から紹介しています。

JICA緒方研究所は、本レポートの発刊を通じて「今日の人間の安全保障」を不断に見つめ直し、人々の命、暮らし、そして尊厳を守る「弾力性のある強い(Resilient)」社会の実現に貢献していきます。


【コア・メッセージ】(レポート冒頭より抜粋)
時代とともに進化する人間の安全保障
—最大級の脅威に直面する国際社会が、人々の命、暮し、尊厳を守るには?—

人間の安全保障の概念が生まれて約30年。紛争や自然災害、強制移動、グローバル化による負の影響など既存の課題が先鋭化するとともに、コロナ禍や気候変動、DXの光と影、少子高齢化などの新しい問題が顕在化している。これらの世界の問題を正しく捉え、適切に対応していくには人間の安全保障の視座が有効ではないか。本レポートでは、時代の変化に応じて人間の安全保障をどう理解すべきか、またその適切な実践のためのアプローチとは何だろうかという問いについて探求していきたい。

(ISSN: 2437-0096)

ページの先頭へ