JICAインターンシップ・プログラム

2020年度第二回JICAインターンシップ・プログラムの募集は終了しました。たくさんのご応募ありがとうございました。
2021年度第一回JICAインターンシップ・プログラムの募集は、2021年4月上旬開始予定です。

なお、応募にはJICAが運営する国際キャリア総合情報サイト「PARTNER」(以下、PARTNER)の「国際協力人材登録」が必須となります。また、国際協力人材登録の完了まで3営業日程度かかりますので、事前に登録することをお勧めします。

(注)簡易登録では応募できませんので、ご注意ください。

(注)実務経験がない方は、登録に際し以下マニュアルをご参照ください。

加えて、在外事務所/開発コンサルティング企業受入ポスト及び一部の国内ポストの応募には、語学証明書が必要となりますので事前にご準備ください。

以下は、2020年度第二回募集の内容ですので、参考にしてください。
なお、2020年度第二回募集では、海外の新型コロナウイルスの感染拡大状況を考慮し、在外ポスト(JICA在外事務所/支所)の募集は行わず、国内ポスト(JICA本部・国内機関、開発コンサルティング企業国内オフィス)のみの募集としました。

目的

国際協力・開発援助に関心を有する学生(大学生・大学院生)及び社会人に対し、JICAの各部署及び開発コンサルティング企業におけるインターンシップの機会を提供することにより、JICA事業及び我が国の国際協力に関する理解を深め、本プログラムを通じて幅広い分野での国際協力人材(JICA専門家や開発コンサルタント等)を志向していただくことを目的としています。
なお、本プログラムはJICA及び開発コンサルティング企業の採用並びにその他JICAの研修制度(ジュニア専門員制度等)における選考とは関係なく実施するもので、本プログラムへの参加が直接採用や合格に結びつくものではありません。

応募方法

JICAが運営する国際キャリア総合情報サイト「PARTNER」(以下、PARTNER)から応募ください。

PARTNERからの応募はこちらをご参照ください。

(注)応募にはJICAが運営するPARTNERの「国際協力人材登録」が必須となります(簡易登録での応募は出来ません。)。
(注)国際協力人材登録の完了まで3営業日程度かかりますので、未登録の方は2020年10月20日(火)までに登録申請を行ってください。

(注)実務経験がない方は、登録に際し以下マニュアルをご参照ください。

募集要項

応募書類

(注)以下ダウンロードする書類以外に在学証明書、語学力に関する証明書、理由書が必要となります。詳細は募集要項をご確認ください。

留意事項

  • 【重要】新型コロナウイルス感染拡大に伴う国内の対応状況によっては、インターンシップの延期・中止の可能性もございますので、あらかじめご了承ください。
  • 募集締切10月23日(金)正午(日本時間)を過ぎた応募は無効となりますのでご注意ください。
  • 複数回の応募をされたり、応募書類に不備があったりする場合は選考対象外となりますので、募集要項及び各応募書類の注意事項を必ずご確認ください。

インターンポスト

関連資料

関連動画

10/9(金)に実施したオンライン説明会の様子を国際協力人材登録者限定で公開しています。
PARTNER個人マイページにログイン後、「国際協力人材センター(動画)」から視聴ください。

お問い合わせ先

JICA人事部開発協力人材室 インターンシップ・プログラム担当
メール:jicaiict-intern@jica.go.jp