JICA研究所

研究紹介

地球環境

多くの開発途上国では、経済発展や人口増加、都市化の進展に伴い、不適切な廃棄物処理や水質汚濁、大気汚染などの環境問題が従来以上に深刻化しています。また、気候変動は、世界のあらゆる国々の安定と繁栄、人間の安全保障にとって脅威となっています。気候変動対策は持続可能な開発を実現するための必要不可欠な条件のひとつとなっています。しかし、環境問題の多くは複雑な要因が絡み合って発生しており、短期的な解決策を見出すことは困難な状況です。そのため、世界各国で、これらの地球規模での環境問題への対応を進めていますが、環境問題・気候変動とされている事情の科学的な分析、その対処を行っていくための法制度設計、問題対応への政策実施の必要事項と検討すべき事項は多岐にわたっています。
こうした検討は、個々の国のみならず、世界全体の持続可能な発展の実現のために不可欠です。JICA研究所では、発展途上国における環境問題や気候変動への対処を考察し、自然科学分野で蓄積された知見や方法をも取り入れながら、援助の現場での経験やデータを踏まえつつ、将来のJICA環境協力に係る見取り図の提示を目指します。

ページの先頭へ