JICA研究所

研究紹介

環境と開発/気候変動

グローバル化の進む世界において、経済活動の規模の拡大は公共部門の拡大、公共資源をめぐる利害対立の先鋭化をも伴い、その結果、資源・環境ガバナンスのあり方も問われるようになっています。JICA研究所では、発展途上国の公共空間における基礎的資源をめぐる利害関係者間の対立を考察し、将来のJICA環境協力に係る見取り図の提示を目指します。他方、地球規模での環境劣化・破壊は、人々の生活基盤を脅かす一大要因となっています。特に、気候変動は、干ばつや水害によって人々の生活を脅かしつつあります。開発途上国の貧困層は、農村部、都市部を問わず災害に対し脆弱な地域に住んでいることが多く、負の影響を最も受けやすいと言えます。JICA研究所は、自然科学分野で蓄積された知見や方法をも取り入れながら、援助の現場での経験やデータを踏まえつつ、開発途上国における緩和策推進の方法、そして気候変動への適応策の策定を進めます。

ページの先頭へ