JICA研究所

研究紹介

開発協力戦略

日本がODAを通じて開発協力を開始して以来、国内の経済状況や国際社会の政治経済環境は大きく変化しています。今後の日本の開発協力を考えていく上で、客観的・実証的な分析を通じてこれまでの日本の開発協力の歴史を振り返ることが一層重要になってきています。また近年、新たに開発協力を始めた新興国が増え、従来の先進国主導の援助秩序に影響を与えています。このような状況の中、国際協力の潮流形成に資する研究や分野横断的な課題に取り組みます。また、日本の開発協力の歴史や新興国(中国を含む)の開発協力等に関する研究、そして日本の開発・開発協力の経験の取り纏めも行っていきます。

研究プロジェクト(実施中)

研究プロジェクト(終了)

ページの先頭へ