JICA緒方研究所

研究者

大野 泉

OHNO, Izumi / 研究所長常勤

学歴

1987年6月 プリンストン大学ウッドロウ・ウイルソン・スクール公共政策大学院修士(MPA、開発経済学専攻)
1981年3月 津田塾大学学芸学部国際関係学科卒業

職歴

2018年10月~現在 国際協力機構(JICA)研究所 研究所長
2018年10月~現在 政策研究⼤学院⼤学(GRIPS) 客員教授
2015年4月~現在 ⼀般財団法⼈ アジア太平洋研究所(APIR) 上席研究員
2013年4月~2014年3⽉ ⼀般財団法⼈ アジア太平洋研究所(APIR)主席研究員
2002年1月~2018年9月 政策研究大学院大学(GRIPS)政策研究科 教授
1999年10月~2001年12月 国際協力銀行(JBIC) 開発第4部第1班課長(中南米地域担当)
1998年4月~1999年9月 海外経済協力基金(OECF)-環境社会開発室環境社会開発課長、業務第4部第1課長(中南米地域担当)等
1995年9月~1998年1月 世界銀行 制度開発スペシャリスト
1993年10月~1995年9月 OECF開発援助研究所 援助理論研究グループ 副主任研究員
1988年9月~1993年9月 世界銀行-戦略企画部エコノミスト、中南米地域ペルー担当カントリー・オフィサー等
1981年4月~1988年6月 国際協力事業団(JICA)-鉱工業計画調査部、研修事業部、社会開発計画調査部

主な著作物

 (編著書)
・ 『町工場からアジアのグローバル企業へ:中小企業の海外進出戦略と支援策』(編著)、中央経済社、2015年4月
Eastern and Western Ideas for African Growth –Diversity and Complementarity in Development Aid, (eds. with Kenichi Ohno), Routledge, UK, April 2013
・ 『BOPビジネス入門:パートナーシップで世界の貧困問題に挑戦する』(菅原秀幸・大野泉・槌屋詩野と共著)、中央経済社、2011年7月
Diversity and Complementarity in Development Aid: East Asian Lessons for African Growth, (eds. with Kenichi Ohno and Masumi Owa), GRIPS Development Forum, February 2008
・ 『日本の国際開発協力』(後藤一美・大野泉・渡辺利夫と編著)、日本評論社、シリーズ国際開発・第4巻、2004年
・ 『世界銀行:開発援助戦略の変革』、NTT出版、2000年10月
Japanese Views of Economic Development: Diverse Paths to the Market, (eds. with Kenichi Ohno), Routledge, UK, April 1998
・ 『IMFと世界銀行:内側から見た国際金融機関』(大野健一と共著)、日本評論社、1993年10月

(書籍の章)
・ “Network-based Development Cooperation as a Way Forward for Japan”, Chapter 10, in Japanese Development Cooperation: The Making of an Aid Architecture Pivoting to Asia (eds. by André Asplund and Marie Söderberg), Routledge, December 2016, pp.159-176
・ “China’s Foreign Aid and International Aid Community: From the Perspectives of Traditional Donors and Africa” Chapter 9, in A Study of China's Foreign Aid (eds. by Y. Shimomura and H .Ohashi), Palgrave Macmillan, 2013, pp.193-216
・ 「中国の対外援助と国際援助社会:伝統的ドナーとアフリカの視点から」、『中国の対外援助』(下村恭民、大橋英夫、日本国際問題研究所編)、第9章、日本経済評論社、2013年1月、199-219頁
・ “Dynamic Capacity Development: What Africa Can Learn from Industrial Policy Formulation in East Asia,”(co-authored with Kenichi Ohno)Chapter 7, in Good Growth and Governance in Africa: Rethinking Development Strategies (eds. by A.Norman, K. Botchwey, H. Stein, and J. Stiglitz), Oxford University Press, 2012, pp. 221-245
・ “Japan's ODA to Vietnam and New Growth Support to Africa,” Chapter 3, in Japanese Aid and the Construction of Global Development: Inescapable Solutions (eds. by David Leheny and Kay D. Warren), Routledge, 2010, pp.77-102
・ “Ownership of What?: Beyond National Poverty Strategies and Aid Harmonization in the Case of Vietnam,” (with Kenichi Ohno), Aid Relationship in Asia: Exploring Ownership in Japanese and Nordic Aid (eds. by Alf Morten Jerve, Yasutami Shimomura, Annette Skovsted Hansen), Palgrave Macmillan, 2007, pp.41-62
・ 「経済発展とガバナンス:真のオーナーシップ育成のために」(大野健一と共著)、『アジアのガバナンス』(下村恭民編著)、第7章、有斐閣、2006年

(論文)
・「Towards an Enhanced EU-Japan Partnership for Sustainable Development」Friends of Europeウェブサイト、2019年6月25日
・ 「知的支援実践における『石川プロジェクト』の継承と発展:エチオピア産業政策対話の経験から」『国際開発研究』(特集・石川滋の国際開発研究と知的支援関与)、第27巻、第1号、2018年6月、国際開発学会、63-76頁
・ 「東アジア型の発展をめざすエチオピア:アフリカ産業発展における日本の官民の役割」、『世界経済評論』 Vol. 60 (No.4)、2016年7・8月号、国際貿易投資研究所(ITI)、68-75頁
・ 「『共創』と『競争』の時代への新戦略」、『外交』、Vol.31 、2015年5月号、30-37頁
・ “Japanese Development Cooperation in a New Era: Recommendations for Network-Based Cooperation,” GRIPS Discussion Paper 14-15, Sept. 2014
・ “Eastern and Western Ideas for African Growth”, World Financial Review, (with Kenichi Ohno), July/August 2013, pp.41-44
・ 「日本発『アジア的』国際協力のすすめ」(大野健一と共著)、『外交』、Vol.12、2012年3月号、122-127頁
・ 「東アジア的発想によるアフリカ成長戦略への貢献」『国際開発研究』第18巻、第2号、2009年11月、国際開発学会、129-142頁
・ 「援助協調に日本はどう取組むか?—『東アジア型』と『サブサハラ・アフリカ型』モデルで参画戦略を」IDCJ FORUM 第23号、「特集/援助協調を超えて~我が国援助体制と人材に必要な構造改革の本質~」、(財)国際開発センター、pp.44-52、2003年3月
・ “Beyond the East Asian Miracle: An Asian View,” UNDP Office of Development Studies, Discussion Paper Series 5, 1996

(JICA/GRIPS エチオピア産業政策対話に関する調査研究・報告書)
・ 『アフリカ工業化への知的支援—日本とエチオピアの産業政策対話フェーズII』、国際協力機構・GRIPS開発フォーラム、2016年8月
Assisting Industrial Transformation in Africa: Japan-Ethiopia Industrial Policy Dialogue Phase II, Japan International Cooperation Agency & GRIPS Development Forum, August 2016
Policy Measures for Industrial Transformation: Case Studies form Asia and Africa, Japan International Cooperation Agency & GRIPS Development Forum, August 2016
・ 『アフリカ開発のための知的パートナーシップ—日本とエチオピアの産業政策対話』、国際協力機構・GRIPS開発フォーラム、2011年12月
Intellectual Partnership for Africa: Industrial Policy Dialogue between Japan and Ethiopia, Japan International Cooperation Agency & GRIPS Development Forum, December 2011
Kaizen National Movement: A Study of Quality and Productivity Improvement in Asia and Africa, Japan International Cooperation Agency & GRIPS, December 2011

所属学会

国際開発学会

その他

第12回JICA理事長賞受賞(2016年)

ページの先頭へ