JICA緒方研究所

研究者

萱島 信子

KAYASHIMA, Nobuko / シニア・リサーチ・アドバイザー常勤

学歴

名古屋大学国際開発研究科 博士(国際開発学)
UNESCO 国際教育計画研究所教育計画行政研修コース終了
パリ第5(ルネ・デカルト)大学教育学部3ème cycle DEA課程修了
京都大学文学部卒

職歴

国際協力機構緒方貞子平和開発研究所顧問
国際協力機構理事
国際協力機構上級審議役
国際協力機構研究所長
国際協力機構研究副所長
国際協力機構人間開発部長
国際協力機構バングラデシュ事務所長
国際協力機構人間開発部基礎教育グループ長

主な著作物

Kayashima N., Kuroda K. and Kitamura Y. 2022. Japan’s International Cooperation in Education. Springer.

仲里ローレン・萱島信子. 2021.「日本の留学生受入れへの COVID-19 の影響と今後の課題」JICA緒方貞子平和開発研究所

Nakasato L. and Kayashima N. 2021. Student Mobility to Japan in the Age of COVID-19: A Matter of Degree. JICA Ogata Sadako Research Institute for Peace and Development

萱島信子. 2020. 「SDGs時代における日本の国際教育協力 —理念・政策の歴史を踏まえて—」. 平和政策研究所

Morgan P and Kayashima N. 2019. Realizing Education for All in the Digital Age:Think 20 (T20). ABD Institute.

杉村美紀・萱島信子. 2019「日本の国際教育協力:歴史と展望-国際教育協力と留学生招へい-」『留学交流』2019年12月号. Vol.105

萱島信子・黒田一雄. 2019. 『日本の国際教育協力—歴史と展望』東京大学出版会

萱島信子. 2019. 「ODAと大学」『IDE現代の高等教育』No.613

高木航平・杉村美紀・萱島信子.2019.「日本の留学生受入れ事業の歴史的展開に関する実証的研究-日本学生支援機構所蔵史資料の調査分析」


萱島信子. 2019. 『大学の国際化とODA参加』玉川大学出版部


萱島信子. 2018. 「日本の国際教育協力の歴史的変遷と展望」『SRID Journal』14


興津妙子・梅宮直樹・萱島信子. 2017. 「世界銀行の高等教育支援の変遷—支援内容の変化と政策パラダイムとの関連性に着目して—」『アジア太平洋討究』29. 53-70

Arakawa N. and Kayashima N. 2016. Japan's SDG-Linked Education Policy and Strategy- Both for Japan and Development Cooperation. NORRAG News, 54, 80-81.


萱島信子. 2016. 「日本の大学による国際協力への参加に関する研究—1990年代以降の工学系高等教育協力を事例として—」『国際開発研究フォーラム』47(4) 1~19頁

萱島信子. 2016. 「政府系機関による教育協力」 小松太郎編. 『途上国世界の教育と開発-公正な世界を求めて』上智大学出版 115~132頁

萱島信子. 2010. 「日本の国際協力を考える-JICAの教育協力の現状と課題」 内海成治編. 『初めての国際協力:変わる世界とどう向き合うか』昭和堂 26~43頁.

萱島信子. 2003. 「教育/2015年までにすべての子どもに教育を」『アジ研ワールド・トレンド』4月号. 14~17頁

萱島信子. 1999. 「展望-国際教育協力:国際協力事業団(JICA)の教育協力の現状と課題」 『国際教育協力論集』第2号第1巻. 22~33頁

Kayashima, Nobuko. 1989. Le Développment de l'Education au cours de l' ère Meiji(1867-1912) : Modernisation et Monteé du Nationalisme au Japon (Cahiers de l'IIEP No.78). UNESCO Institut International de Planification de l'Education.

所属学会他

国際開発学会、日本比較教育学会

ページの先頭へ